--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-20(Sun)

#33 チョウチョ、ちょうちょ、菜の葉に~♪

食べ物の好き嫌い、みなさんは何かありますか?

私は「きなこのひねり菓子」が無理ですxx;
幼稚園のころ、おやつで出てきたひねり菓子を食べないでいたら、先生に無理やり、口に押し込まれたのが原因で、これだけは食べれなくなりました。

ほかにも、嫌いな食べ物はあったのですが、だんだんと食べれるようになり、これだけはダメです。。。

        *      *      *

ところで、最近は暖かくなり、畑にもチョウチョが飛び回るようになりました。

実は、チョウって、好き嫌いが激しいのです。

click!】生命誌研究館のホームページから、食草園(蝶と食草の関係が素敵に表現されてます)
(開いたページの下半分にフラッシュプレイヤーのマークがあります。そのマークのすぐ上に「こちらをクリックしてください」と表示されていますので、その文字をクリックしてください)

私たちは幼虫の駆除や予防に農薬を使いません。
ひとつ一つの葉っぱを探って、卵や幼虫をつまみ出す、「虫取り」です^^;

すると、キャベツにはモンシロチョウばかりが、ニンジンにはアゲハが、カタバミにはシジミチョウばかりがみつかります。

    「おぅい、好き嫌いはダメだぞ!」

つぶやきながら、幼虫や卵をピックアップ^^;

        *      *      *

そして、不思議なことがあります。

チョウによって、卵の産み方が異なるのです。
モンシロチョウは葉っぱの横の方に1つだけ、シジミチョウは葉っぱの裏に2つくらい、ポツン、ポツン。。

チョウにも親心、、生まれた子どもが見つからないようにこっそりと産み、食べ物に困らないように少しずつだけ、産み付けます。

        *      *      *

先日、キャベツのまわりでチョウと小鳥がおっかけっこしていました。
キャベツを巧みに使いながら隠れ逃げるチョウ、そして、上から横から鋭く追い詰める小鳥。

ちょっとしたすきにチョウが草むらに隠れましたが、小鳥もあきらめきれないようで、近くの枝にとまっていました。
命をかけて卵を産むチョウ、生きるために追う小鳥、、生命をかけたおいかけっこでした。

ところで、チョウの幼虫は葉っぱの上にいるのですが、蛾の幼虫は土の中にもぐっていることがあります。そのため、私たちの畑では、土を掘り起こしながらの宝石探し?も楽しめます^^)



【次回は5月23日の予定です】

【お願い】
あまった野菜の種を無料でお譲りいたします(種代、送料ともに不要です)。
家庭菜園などで育ててくださる方、新芽が出るようすを楽しみたい方、ご連絡ください^^)

どんぐり菜園へメール(donguri_yasai@yahoo.co.jp)

種の種類は、ニンジン、キャベツ、エダマメ、さやえんどう、すなっぷえんどう、スイスチャード、二十日だいこん、などです。

詳しくはメールでお問い合わせください。

種は生き物、時間とともに傷んでゆきますので、私たちのかわりに生命をつないで下さい、、よろしくお願いいたします^^)

(なお、数量に限りがありますので、ご要望に添えない場合もあろうかと思いますが、あらかじめご了承ください)
スポンサーサイト

テーマ : スローライフ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

どんな生き物でも子どもは大事。。。親心ですね^^)

幼虫が困らないように、モンシロチョウは1つのキャベツに1個だけ卵をつけてゆきます。
でも、実際には、生み終わって、グルっと一回りして、ほかの畑に行って、また舞い戻ってきて、同じキャベツに産んでます^^;
お気に入りなんでしょうね、きっと。

また、いらっしゃってください

蝶の親心に感動しちゃいました。
どんぐりぐりさんは、本当にていねいに愛情を持って野菜を育てていらっしゃるのですね。
こちらのブログにお邪魔させていただくといつも、初心にかえった気持ちになります。
ちょっと前になりますが、私のブログのブックマークに入れさせていただきました。
また、遊びにきます。

ネキリ虫、たしかにショックです。

でも、ネキリ虫、茎のまわりの土の中に隠れてます。そして、夜、這い出てきて、茎の根元をかじるんです。
駆除の方法は2つあります。

・茎のまわりの土をかき回して、虫を探し出す。深さは約10cmくらいです。

・ネキリ虫は夜出てくるので、夜に見回りして、出てきたネキリ虫をつかまえる。

ほかに、予防法としては、
・ネキリ虫が嫌いなハーブを植える
・茎の根元に紙などを巻いて、かじれなくする。

また、いらっしゃってください

なお、種はご遠慮なく^^)
いつでも、donguri_yasai@yahoo.co.jpへメールしてください^^)

好き嫌いが、いいかどうか、、結論はできません^^;

ただ、好きになってもらえるようにできるだけ美味しくて、安心できる野菜をお届けしたいと思います。

また、いらっしゃってください

チエさん、詳しくて、わかりやすいフォローありがとうございます^^)

チエさんのおっしゃるとおり、好き嫌いは住み分けるための作戦?です。
自然界はいろんな生命が助け合って生きています。だから、ある生き物が消えたら、その分、バランスが崩れて、自然全体までもが変化してゆきます。
チョウの好き嫌いを直してはいけないんでしょうね^^)

また、いらっしゃってください

野菜育て、楽しいですよ^^)

たしかに、野菜=畑ってイメージですが、実は小さな箱や袋でもできるんです^^)
たしかに、たくさん豊作は無理だけど、かわいく、手軽に、成長のようすを楽しめます。
だから、窓際やベランダ、部屋の片隅でも野菜作りはOKです^^)

よかったら、メールでご連絡ください、詳しい方法をメールいたします^^)

また、いらっしゃってください

たしかに、果物苦手な方、いらっしゃいます。

そのうち、メロン=イガイガ⇒大っ嫌い!な方、多いと思いますよ^^;

虫取り、たしかに時間と手数はかかるのですが、「農薬かけずに手間かけろ」、気合いでがんばです^^)
でも、かくれんぼみたいでチョット楽しいかも!?

また、いらっしゃってください

ゆっくりと、でも、ひらひらと飛び回るチョウと、高速でついばもうと挑む鳥。。。どちらも命がかかってます。

速度だけで考えると、鳥圧勝なのですが、実際の畑ではチョウ優位で、逃げ切りが多いです。ゆっくりですが、チョウは上下左右、急反転もします。その予想不可能な飛び方を、鳥は追跡できないのです。速すぎるゆえに通り過ぎてしまうからです。

運動下手な私も、チョウはつかまえきれませんでした^^;

また、いらっしゃってください

そうなんです、意外とチョウって好き嫌いがあります。

だから、逆にアゲハチョウを呼びたかったらサンショウを植えるとか、ね^^)

家の近くのサンショウはその時期、すっごい状態です(←決して写真にも、言葉にもできませんが^^;

また、いらっしゃってください

嫌いなものは食べても栄養にならない、そのとおりだと思います。

だから、好きになってもらえるように、できるだけ美味しくて、楽しくて、安心できる野菜をお届けしたいと思います。

また、いらっしゃってください

うぅ~ん、、キャベツ事件、そうかもしれませんね。。。

農薬の効き方にはいろいろな種類がありますが、その一つに「根や葉から染み込んで、植物全体に行き渡って、防ぐ」方法があります。だから、外葉だけでなく、芯にも農薬が効いているのです。

また、人間にとっての許容濃度と幼虫への許容濃度はちがうので、たとえ人間には安全でも幼虫は許せないこともあります。
だから、市販キャベツはダメだったのでしょうね

また、いらっしゃってください


いま、流行の「手摘み」です^^;

土を掘り起こして、、、luciaさんでも手軽にできますよ^^)
掘り起こすといっても、手で土をかき回します。深さは10cmくらいです。掻きあげて、ほぐす、虫をぽいっ!の連続です。
手ですることで、根や茎も傷めないし、土の香りがわかります。
土興しをおこなうと、空気が入るので、根も元気になりますよ^^)
ぜひ、やってみてください。

また、いらっしゃってください

また、いらっしゃってください

お忙しい中、コメントをいただき、ありがとうございます^^)

まだ未熟者なので、誇りよりもホコリばかりがくっついてます^^;でも、「楽しく♪」は私たちのモットーなんです、野菜だって生き物、幸せに生きた野菜には幸福が宿るように思います。
だから、せめて楽しく、野菜と過ごすことを心がけてます。
水切り籠をご紹介いただいたので、夏作業がもっと楽しくなります^^)

また、いらっしゃってください

こんにちわ^-^!
蝶も好き嫌いするなんて、初めて知りました。ワタシは、生のトマトが苦手です。
はずかしながら・・・^^;

ワタシのちび畑には、根っきり虫?なるものがいるらしく、玉葱が腐ってしまいました。
根っきり虫って、もしかして蛾の幼虫なの?

種、もし余っているなら是非欲しいです♪

サバイバル、そのものです^^;
幼虫は土や葉っぱにまぎれるような色になって、さらに砂や葉っぱを身にまとって、隠れてます。
ちっちゃな命、誰からも教わらないのに、必死に隠れてます。

また、いらっしゃってください

 虫たちも好き嫌いがありますよね。ちなみに・・・私は食べられないものが多いです。
 でも野菜はもりもり食べてます!野菜大好き♪

地球上の生き物はみな、命を懸けて、生きているんですね。
葉っぱの好き嫌いは、餌を争わないための彼らの生きる知恵です。
人間も一生懸命、生きなきゃ、彼らに申し訳ないよ。

野菜を育てていると、野菜だけじゃなく虫などの自然のこともたくさん知ることが出来るんですね!やっぱり私もしてみたい…
種や苗、家庭菜園出来る場所があれば是非したいんですが、残念ながら確保出来ていません。でもいつか必ず!!

私が嫌いなものはメロンです!穀類や野菜、果物なんでも大好きですが、メロンだけはどうしても好きになれません!「おいしいメロン食べてへんからや」「これならぜったいおいしい」と夕張メロンを食べたことがありますが、よけい大嫌いになりました(笑)

野菜の虫取り大変ですよね。昔、おばあちゃんと一緒にやりました。私は蝶取って遊んでただけですが(笑)収穫専門ですが、毎日のように畑にいると虫たちの好き嫌いが私も、なんとなくわかる今日このごろです。

ちょうと小鳥の追いかけっこは生命がからんでいるんですよね。遊びじゃないな。
今ねねも芋虫から蝶を育てる授業を受けているところです。

こんばんは♪

私は好き嫌い、ないですょ(たぶんね)♪
ちょうちょも好き嫌いするなんてっ。
初めて知りました。
どんぐりぐりさんの教えてもらったこと、
はやく役に立てるようになりたいです。

種…ほしいけど、
うちのまわりにはカラスがいるから、
(しかも最近つがいになってた。)
家庭菜園できないんです。。。

芽が出る楽しみ、憧れですねぇ~~。

私も給食が苦手で、好き嫌いが沢山ありました。なので自分が先生になった時は無理強いだけはしませんでした。祖母がよく言ってましたもの!『嫌いなものは食べても栄養にならない!』って・・・
蝶にも嗜好があるなんて凄い発見です!
また、楽しいお話待っていますよん^^
宜しくね!

昨年子どもがモンシロチョウを卵から羽化まで育てる勉強をしました。
学校に産卵用に植えてある無農薬キャベツから各自採卵し、そのキャベツを飼育に合わせて少しずつ取ってきて育てるのです。
一匹目は運悪く休みが重なった時にキャベツが足りなくなり、泣きそうな息子とともにスーパーへ。中のほうの葉をよく洗って与えたのですが、結局表面を這いずり回るだけで食べずに死んでしまいました。中のほうの葉でもダメなのかと、子どもとは別のショックを私は受けました。子どもにはこの件を通していろいろな事を話すいい機会になりました。
ところで親の私が夢中になったのが青虫のふん。雑誌のおまけに付いてきた簡単顕微鏡で見たのですが、まるでロールキャベツそのもの!しかも色も繊維質もそのままです。青虫の消化って結構シンプルなのかもしれないなあと思いました。

どんぐりぐりさん、こんにちはぁ~
ひとつひとつ、取り去るのですね
趣味の園芸でも大変なのですから
職業の広さだったら~。と思うとご苦労が伝わってきます・・・

土を掘り起こしながら・・・と言うことに興味がひかれました。
鉢やプランターでは、無理でしょうねぇ~
やれたらやってみたいけど、根が張っているから無理ですよね・・・
なにか方法を考えまぁ~す

いつもありがとうございます♪

どんぐりぐりさん、いつも私のブログにナイスなコメントありがとうございます!!!農薬を使わない農業は本当に大変だと思います・・・・・。でもどんぐりぐりさんのブログやコメントを拝見していると、ご自分のお仕事に誇りと生きがいを持っていらっしゃって、そしてなにより、お仕事を楽しんでいらっしゃる様子が伺えて、こちらも励まされます!!!こんど、例の水きりざるを見つけたら、ご主人の「涼しい帽子」として、お求めくださいませ・・・!

農薬を使わずに 虫取りですか。
素晴らしいですー。
卵を産み付ける蝶、それを狙う鳥、卵や幼虫を
駆除する私たち・・・
畑はサバイバルですね。
ウチでも虫さんには悪いですが 退去してもらっています。
プロフィール

どんぐりぐり

Author:どんぐりぐり
 食べ物は身体と心を作るものだから、 野菜の生命が心に響くような、野菜を目指しています。

どんぐり菜園のホームページ

 自然のチカラを生かして、農薬や除草剤を使わずに、野菜を育てています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。