--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-03(Sat)

#81 とうもろこしの入学式

【はじめに】

・卵の殻集めについて、4月18日にご案内を更新しております。

 未だご覧になられていない方はご拝読くださいますよう、お願いいたします^^)


    【どんぐり菜園のホームページから】 卵集めのお願いと容器について     

    
・卵の容器を5月14日から拝送いたします。
 
 どうか、よろしくお願いいたします^^)

・次回の更新は、5月10日の予定です。


・ご意見などをお気軽にお申し付け下さい。^^)

adrss.gif




【記事のご紹介】

①とうもろこしの入学式^^)

とうもろこし第1期生たちが、保育園から畑へと入学しました。

080503_3.jpg

②そらまめも、頑張るっ!

成長が遅れていたそらまめ、最近はお日さまに励まされて、頑張っています

080503_5.jpg

③お答えいたします~Q。連作障害って?

A 連作障害には、いくつかの原因があり、対処法もさまざまです。

「土質の改善」、「混植」と「輪作」の組み合わせが良いかと思います。






今回は、2部に分けてみました。

本文は、この部分、「続きを読む」 をクリックして下さい^^)



【どんぐり菜園から ①とうもろこしの入学式^^)】

つい最近まで、小さかったとうもろこし も、あったかハウスの中で陽光に包まれて、ずいぶんと大きくなりました。

そこで、今日、5月3日は「とうもろこし第1期生」たちを保育器から畑へと移す入学式を行いました。

第1期生が入るとうもろこしの畝は、昨年、丹波黒豆を育てたところ

そのふかふかの上に、ネットを張って、とうもろこし専用の小部屋を作りました。

080503_1.jpg ← 黒豆はお姫さまネットでしたが、とうもろこしは王様ネットです

そして、今年も、とうもろこしの大親友、スナップえんどう君がいっしょに入学です。

上の写真のAマークのところから撮影すると、とうもろこしとスナップえんどうが並んで育つ様子がわかります。

080503_2.jpg ← ネットの横にえんどう君が並び、その右横にとうもろこしたち



つい最近までちっちゃかった苗も、こんなに大きくなりました。


080503_3.jpg ← 根っこの長さは約10cmになりました

葉っぱの中をのぞいてみたら、朝露が輝いていました。

080503_4.jpg



スナップくんといっしょに、ぐんぐんと大きくなぁれ!




【どんぐり菜園から ②そらまめも、頑張るっ!】

とうもろこしの王様ネットの北隣では、そらまめ君も頑張ってます。

そらまめ君は昨年の秋から、ずっと雪の下で耐えてきました。

この畑は北風が強いため、なかなか大きくなれなかったのですが、最近はお日さまに包まれて、ぐんぐんと伸び始めました^^)

080503_5.jpg ← 未だ、雲には届かないのですが、上へと手を伸ばしています。

花も次々と咲き、蜂たちには大人気です^^)

080503_6.jpg ← 紺色と白色のコントラストで、虫たちを誘います

ふわふかのベッドに、丸々なお豆が楽しみです。




【どんぐり菜園から ③お答えします~Q。連作障害って?】

1年めは上手に実ったので、、同じ場所で、もう一度、同じ野菜を育てたら、大失敗!!

その原因の多くは、「連作障害」です。

連作障害とは、字のごとく、「連続」して育てると生じる「障害」のことですが、その障害はさまざまです。例えば、根っこが腐れたり、大きくなれなかったり、害虫や病気が発生したり。。。


このような「連作障害」の原因も、さまざまですが、大きく分けると、次の2つです。

①栄養分の偏りが原因

②害虫や病原菌の増加が原因



野菜たちは土の栄養分を吸い取って大きくなりますが、野菜によって好みが違います。

たとえば、ある野菜はチッソを好むけれど、ほかの養分はあまり取らないものもあります。

すると、土の中は、チッソが極端に減る一方、ほかの養分が余ってしまいます。

そこへ、同じ野菜を再度植えると、「大好物のチッソが少なくて、嫌いな養分が多い」ので、大きくなりません。

これが、①の養分の偏り原因です。


そして、土の中には、根っこや茎を食べて成長する害虫や病原菌がいっぱいいます。

そのため、同じ場所で、同じ野菜を育てると、その根っこなどを好む害虫や病原菌がどんどんと増殖してしまいます。

それが、②の害虫や病原菌の増加による原因です。


大きくわけると2つの原因ですが、実際には、これらが同時に起こったり、順番に起こったりします。

そのため、対策も野菜の種類やその状況にあわせて、いろいろな手法を組み合わせて措置することになります。

たとえば、「養分のバランスを改善するように、肥料を調整したり」、「養分の貯蔵庫となる堆肥や炭を混ぜたり」、「害虫や病原菌を減らすような植物をいっしょに植えたり」、「連続栽培せず、ほかの野菜に変更したり(輪作と云います)」。。。


連作障害を防ぐためには、このような「土質の改良」、「混植」と「輪作」を組み合わせることが良いかと思います^^)












スポンサーサイト

テーマ : ロハス&エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

★etyamさんへ

いろんな方々から、さまざまな指導を受けても、やはり百聞は一見に、百見も一験にしかず、です。

ガーデニングも、鉢物も、大切な命、きっとetyamさんの丁寧なお世話に応えるように、綺麗に咲いてくださると思います^^)

また、いらっしゃってください

No title

どんぐりぐり様  こんばんは~・・・

おひさしぶりに ブログを読ませて頂きました
家庭菜園をしている方たちでしょうか・・・
いろいろな質問が入っていますね~
私は土は大好きなのですが どうも時間割りが上手に取れず 近くに家庭菜園の敷地があるのに
何も出来ないままです
家に植木を沢山置いてあるので
仕事で疲れたときは その植木いじりで気持ちをほぐしています

どんぐりぐりさんのように 何時も大地を相手に頑張っておられる方を尊敬します
随分と勉強されているのですね~・・・。

★風さんへ

そうですね、風さんのお庭から吹いてくる優しい風のおかげで、素敵な一年が過ぎました^^)

今年も、風さん&うささんたちの爽風を楽しみにしています

また、いらっしゃってください

No title

お久しぶりですぅ ごんぐるさん♪
またまた とうもころしやスナップくんの季節がやってきたのですねん。
てことは どんぐるさんとめぐりあって 季節が一巡したってことですね~~~~ 
感概深いなぁ♪

私は今 畑のお引越し中なのですぅ~~

★じゅだのさま

初めまして^^)

土臭いお話ばかりなのですが、お越し下さいまして、ありがとうございます!

お父様も新潟県のご出身なのですね^^)
新潟県は南北に横たわる細長い大根のような形ですが、私たちはその大根の青首のあたり?にある五泉市で野菜を育てています。

ふだんは目の前の土や野菜と過ごす日々ですが、ブログのおかげでじゅだのさんやぢゅさん、そして、多くの方々とお話ができて、とても幸せです^^)

これから、ブログへお邪魔いたします、また、いらっしゃってください

No title

はじめまして。ぢゅんさんのところから飛んでまいりました。
自然の息吹を感じられる素敵な暮らしをなさっているのですね~。新潟は父の出身地でもあり、夫が赴任していたこともあり、我が家には何かと縁のある所なのです♪
ページ右上にあるどんぐりのお写真を見て思い出しましたが、私、実はどんぐりから芽が出て土に刺さっているのを、つい2ヶ月ほど前に目にして、どんぐりって種だったんだぁ!と改めて気付いた次第です。。。(恥)

★里さんへ

ご紹介くださいまして、ありがとうございます!!

野菜たちも生きているものなので、養分だけでなく、愛情も大切です。

多くの方々からお力添えをいただけて、野菜たちも幸せです^^)

これから、里さんのブログにお伺いいたします、どうかよろしくお願いいたします^^)

★wacameさんへ

スナップえんどう&とうもろこしは大親友なのです。

スナップくんの根っこには、栄養を創り出すちっちゃな菌類が住んでいるので、その栄養をおすそ分けしてもらって、とうもろこしは大きくなります。

一方、とうもろこしは太い根っこを土深くへと掘り進めます。
そのおかげで、土深くまで新鮮な空気が入り、スナップくんの根っこも元気になります。

お互いが支えあう、大の仲良しどうしです。

もうしばらくすると、虫除けハーブも仲間入りして、さらに酵母菌をまいてあげるので、もっと賑やかになります。

ときどき、ご紹介しますので、またご覧ください^^)

また、いらっしゃってください

★なごみさんへ

ありがとうございます^^)

ちっちゃな種から出てきた細い新芽たち、なごみさんや皆さまのおかげで、だんだんと大きく、たくましくなってきました。

王様ネット、高さは約1.7mですが、ひょっとして、それ以上に高くなるかも。。。!?

また、いらっしゃってください

★キカラさんへ

返信が遅くなりまして、申し訳ございません^^;

石灰の役目には2つあります。
1つは「カルシウムの養分の役目」、もう一つは「酸性度の調節の役目」です。



野菜によってはカルシウム不足では成長しないもの、酸性で成長しないものもあります。
これらを調節する役目がカルシウムです。

このような役目をする肥料には、石灰のほかに、「カルシウムの養分」としては貝化石や卵殻が、「酸性度調整剤」には灰(草木灰など)があります。


野菜の育て方をみると、「石灰を多く散布しなさい」とか、「アルカリ性に調節すること」などと書いてある野菜もあります。
その場合は、先述のような貝化石、卵殻や灰をご利用ください^^)

もし、必要でしたら、具体的な内容をメールしていただければ、お答えいたしますので、お申し付け下さい^^)

また、いらっしゃってください

★ポッキリーナさんへ

返信が遅くなりまして、申し訳ございません。

そらまめの丸ごとお料理ですか。。。未だ、頂いたことはないのですが、美味しそうです^^)

そらまめも一途に伸びる活力がいっぱいつまっているのかも!?

とうもろこし、もうしばらくすると、ぐいぐいっと大きくなります。
ときどき、ご紹介いたしますので、ご覧下さい^^9

また、いらっしゃってください

No title

こんにちは。昨日のブログの記事で、どんぐり菜園さんでたまごの殻を募集している事を記事にさせて頂きました。文中でリンクも貼らせて頂きました。事後報告で申し訳ありません。何か不都合や、間違いがありましたら、なんなりと仰ってくださいね。勝手に申し訳ありません~。

No title

どんぐりぐりさん、こんにちは♪
いい季節になりましたね。
なるほどぉ。王様ネットの中で、トウモロコシもスナップエンドウも大きくおいしく育っていくんですね。
青空に向かってのびるソラマメ、つい応援したくなっちゃいますぅ。

No title

こんにちは~♪とうもうろこし君たち王様ネットの中ですくすくと育つといいですね!そしてそらまめと青空の写真、なんだかそらまめの生命力を感じ元気が出ます(^^)
私も遠くから応援してまーす♪

No title

連鎖障害の件ありがとうございました。
解りやすく書いていただきました。
土づくりが肝心ですね。
「混植」についてはどんぐりさんはハーブがそうなんですか?
もうじき玉ねぎを収穫します。その後、夏野菜を植えたいのですが、石灰をまきたくないんですが、堆肥だけでもいいのでしょうか?
(素人の質問ばかりで、ごめんなさい)

トウモロコシくん入学おめでとう!

トウモロコシって夏には収穫するのですから、ものすごい勢いで成長するんですねえ。

ちなみに、そらまめといえば...
今日、インドカレーを食べにいったら、とっても繊維の硬い緑色の野菜が入っていて、どうしても外皮が食べられなかったんです。何かと思ったら、そらまめのさやだったんですよ~。インドではさやも食べるんだそうです。日本のそらまめより小さいそうですから、きっと殻も柔らかいんでしょうね。シェフによると、今日、日本で初めてカレーに使ってみたそうです。
味は悪くなかったですよ。

★ゆきんこさんへ

お忙しいところ、ありがとうございます^^)

コチくんのためにも、美味しい、甘みあふれるとうもろこしへと育て上げますね^^9

野菜育ては子育てと同じ、ときには反抗したりする野菜もいるのですが、ゆきんこさんのような深い愛情をいっぱいあげたいと思います^^)

また、いらっしゃってください

★らぶらびさんへ

昨年は、少し早めで、とうもろこしたちが風邪をひきそうだったので、今年は少々遅めです。

でも、おかげさまで、すくすくと大きくなってきました。

収穫のころには、160cmくらいになると思います。
ににくんと同じくらいでしょうか^^)

また、いらっしゃってください

★あいやこさんへ

お忙しいところ、ありがとうございます

野菜を育ては子育てのよう、、なので、毎年、入学、結婚など、いろいろな出来事がやってきて、楽しいです^^)

でも、悪い虫がついたりする不安もあるのですが。。。^^;

また、いらっしゃってください

もうトウモロコシの季節なんですねぇ♪

去年はどんぐりぐりさんのトウモロコシ、
とっても甘かったので、食後のデザートに頂きましたo(^-^)o

早くコチにも食べさせてあげたいですねぇ♪


農業って、深いですねっ。
でも次はなにを植えようか考えるの、楽しそうですねっ(*´艸`*)

失敗は成功の元っ。
がんばってくださいっ☆

No title

またトウモロコシさんの入学式の季節になったのですね!
それぞれの子たちの成長が楽しみです♪

No title

どんぐりぐりさん、こんばんは♪
お伺いするのが遅くなってしまってすみません!!
わーーー♪トウモロコシさん達の入学式ですかーーーー!
すっごく愛情を感じますーー♪^^
どんぐり菜園のお野菜たちは幸せですね♪^^
プロフィール

どんぐりぐり

Author:どんぐりぐり
 食べ物は身体と心を作るものだから、 野菜の生命が心に響くような、野菜を目指しています。

どんぐり菜園のホームページ

 自然のチカラを生かして、農薬や除草剤を使わずに、野菜を育てています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。