--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-07(Fri)

#73 まとめて、お答えします^^)

【はじめに】

・先回は、多くの方々から1周年のお祝いのお言葉を頂戴いたしまして、ありがとうございました。

未だ、1年しか経っていませんが、ここまで続いたのも皆様のご声援のおかげと感謝しています。

そして、これからも皆さまとのきずなを大切にしながら、綴ってゆきたいと思います。

・次回は、3月14日の予定です。


・ご要望、ご質問をお気軽にお寄せ下さい^^)

「どんぐり_やさい@やふー.しーおー.じぇいぴー」の平仮名をアルファベットに換えてご恵送ください。



【ご案内】

・3月17日から30日まで、我孫子市で mayさんの個展 「with you」 が開催されます^^)

 詳しくは、 mayさんのブログから 『may's cafeの個展』 をご覧下さい。


・3月23日、箕面市で 麒麟さんの HAHA café がオープンします^^)

 詳しくは、 麒麟さんのブログから「HAHA caféのご案内」  をご覧下さい。




【記事のご紹介】

これまで皆さまからさまざまなご質問を頂戴いたしまして、ありがとうございます。
遅くなりましたが、まとめてお答えいたします。

①有機野菜に農薬を使っていいの?
有機JASの野菜でも、使用できる農薬はあります。
でも、気軽に使っていいものではありません。
重大で、緊急で、どうしようもないときのみ、使える農薬です。

②中国の野菜は危ないと思いますか?
どこの国であれ、野菜に罪はありません。
その国が危ないというよりも、育て方によると思います。
一所懸命に適正に育てられたものなら、国産でも、外国産でも大丈夫なはず。。。です。
そして、そうなってほしい、と願っています。

③イベントはありますか
私たちのお客さまは北海道から沖縄まであちこちにいらっしゃいます。
イベントを開いても、来れる方とそうでない方に分かれてしまい、不公平になってしまいます。
そのため、イベントではなく、皆さまへ季節のご挨拶をお届けすることにしております。

皆さまがこちらへいらっしゃってくださったときは、心からお迎えいたします。
そのときは、ご足労いただいたお礼として、何らかの歓迎イベントをおこなわせてください^^)




【どんぐり菜園から ①有機野菜に農薬を使っていいの?】

先日の記事(#68)で、「有機JASでも使用可能な農薬」と書いたところ、このご質問をいただきました。

まず、ここでお話しする「有機JAS、有機野菜」とは、「有機農産物の日本農林規格の規定にどおりに育てられ、有機JASに認証された野菜」のことです。

ところで、有機野菜と聞くと、「農薬などをまったく使わずに育てた」というイメージがあるのですが、実はある種の農薬は使用できるのです。


先ほどの規定「有機農産物の日本農林規格」の中に、「有機」と名乗れる条件が細かく規定されているのですが、そのうち農薬のポイントを簡単に掲げると、次のとおりです。

・化学合成された農薬を使用しないこと
・遺伝子組み換え技術を使用しないこと
・いろいろと努力しても防げないときは、別表2に掲げた農薬を使用可能
(この6ページめの別表2には、天然物から採取した成分や食酢などが書かれています)

このように、「有機」とは「化学合成農薬や遺伝子組み換え品を使用しない」とのことで、緊急時は「天然物から作った農薬(別表2)」のみは使用できます。



でも、だからといって、「別表2の農薬をいつでも、たっぷり使ってもいい!」のでは、ありません。

この規定では、「重大な危険が急迫している場合」で、更に「耕種的防除(植え方の工夫など)、物理的防除(網など)、生物的防除(天敵やハーブなど)では、防げない場合」のみと厳しく決められています。

私たちは有機JASを申請していませんが、この規定と同じか、それ以上に自然な育て方になるように、頑張ってゆきます^^)




【どんぐり菜園から ②中国の野菜は危ないと思いますか?】

最近の事件のこともあり、このご質問をいただきました。

被害に遭われた方々もいらっしゃいますし、捜査中のことなので、なかなかお答えしにくいのですが、次のように考えております。



まず、どの野菜、果樹にも、罪はありません。

心をこめて、適正に育てれば、どの野菜も安全に、美味しく育つはずです。

そこに、国の違いは関係ないものと考えています。



これまでも、中国の野菜、アメリカの牛肉・小麦などで大騒ぎになったことがありました。

でも、それぞれの国でも一所懸命に育てている方々もいらっしゃると思います。

そのような熱意がもっともっと拡がって、どこの野菜でも安心して食べられるようになってほしい、と願っています。

そして、野菜を育てる私たち、美味しくて、安全な野菜をお届けできるように、頑張ってゆきます^^)

(このような事件がおこると出てくる、「△□のものはダメで、国産・地元産が安心!」とのコメントに、実は心中複雑です^^;




【どんぐり菜園から ③イベントはありますか】

実は、「皆さまといっしょに泥だらけになって?楽しめるイベントもいいかなぁ?」と、考えたこともありました。

でも、次のような考えから、イベントではなく、ほかの形でのお礼を考えております。



おかげさまで、私たちのお野菜は地元のほか、北海道から沖縄まで各地の皆さまにご賞味いただいております。

そのため、イベントを開いても、気軽に来れる方とそうでない方に大きく分れてしまい、とても不公平になってしまいます(私たちが大金持ちだったら、ご招待もできるかもしれませんが?。。。^^;



私たちにとって、どのお客さまも同じように大切です。

そのため、イベントではなく、皆さまへ季節のご挨拶をお届けすることにいたしました。

どうか、ご理解をたまわりたく、お願い申し上げます。


ところで、これとは別に、皆さまがこちらへいらっしゃってくださったときは、心からお迎えいたします。

そのときは、ご足労いただいたお礼として、何らかの歓迎イベントをおこなわせてください^^)


スポンサーサイト

テーマ : ロハス&エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

★polinさんへ

polinさんがおっしゃるとおりだと思います。

私にも中国のお友だち、アメリカのお友だちがおり、温かくて、まじめに頑張ってらっしゃいます。

この中毒事件自体、あってはならないことですが、このような事件で「みな悪い」みたいに評価されてしまうことは、とても辛いです。

polinさんがおっしゃるように、安全で美味しい野菜育てが、どの国でもおこなわれ、誰もが楽しめるように、願っています。

そして、私たちも農家の一員として、頑張りたいと思います。

また、いらっしゃってください

★なごみさんへ

返信が遅くなりまして、申し訳ございません。

なごみさんがおっしゃるように、食べ物は身体に直接入るものゆえ、安全は大前提ですね^^)

なごみさんのように、多くの方々に安心と美味しさを伝えるお仕事は素晴らしいと思います。

私たちも、なごみさんを見習って、ご期待に応えられるような野菜を育ててゆきたいと思います。

また、いらっしゃってください

No title

1周年おめでとうございます♪

中国の野菜問題は、難しいですね・・・
中国の印象も悪くなってますしね。
中国で1年暮らしたことがあるのですが、やさしい人にもたくさんであって、中国で私は目覚めたこともあったので、自分はもう少し冷静に考えていきたいな、とは思っていたところです。
でも、どんぐりぐりさんたちみたいな真摯に野菜を作る人たちが中国にも増えていったらいいなと思います。
きっといるのだとは思いますが・・・

No title

こんにちは♪
どんぐりさんのページが春らしく変わっていてステキです(^^)桜が待ち遠しいですね。
お野菜に限らず食べ物は直接体に入るものなので私も食にかかわる仕事をしてる者として本当に責任重大だと思ってます。でも最近はいろいろなニュースから手作りブームなのかこの間も手作り餃子の授業は常に満員でした。

★ゆきんこさんへ

ありがとうございます

ゆきんこさん&コチくんの笑顔のおかげで、ここまで頑張れました^^)

そうですね、、安全性と産地、なかなか難しい問題です。
でも、育てる私たちとしては、皆さまのお気持ちに沿えるように、頑張ってゆきたいと思います。

可愛いコチくんに、ぜひお会いしたいです^^)

また、いらっしゃってください

★可憐さんへ

ありがとうございます

可憐さん、そして、皆さまに支えていただけたので、ようやく1年を越しました^^;

私たちも、いつか皆さまのもとをお伺いしたいです。

可憐さんご家族の笑顔、ぜひお会いしたいです^^)

また、いらっしゃってください

★ oshio さんへ

ご訪問、ありがとうございます

そうですね。。。私も、花粉症なので、この時季は嬉しいような、辛いような。。。^^;

春の土つくりをしていると、丘の下から黄砂も襲ってくるので、目も鼻もうるんでいます。

また、いらっしゃってください

No title

どんぐりぐりさん、こんにちは。

中国野菜問題、複雑ですよね。
みんながみんなテレビで報道してるように育ててるとは思えないし、
有機栽培のレストランも流行ってるそうですょ。
国産だから全て大丈夫というのもどうかとも感じます。

イベントがあったら参加してみたいですねぇ♪
(しばらくは動けなさそうですが^^;)
どんぐりぐりさんにもお会いしたいと思ってますょ♪
いつか私も畑を持つことができたら、
ご指導お願いします^^

1周年、おめでとうございます★

No title

こんばんわ!
1周年、おめでとうございます。
春風うらら、素敵です♪
新潟、大阪からは遠いですが、いつかどんぐりぐりさんファミリーに会いにいけたら・・・なんて考えています。
その時は、一緒にお野菜のお世話、少しでもさせてくださいね♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

早速のお手配ありがとうございます。
今日は15度を越える暖かさ、花粉症は最悪の1日でした。

ドングリ菜園も雪は消えたかしら?

★里さんへ

ありがとうございます、ここまで頑張れたのも、里さん、皆さまのおかげです^^)

やはり、一番美味しいのはお子さんやご家族が育ててくださった野菜ですね^^)

野菜も生き物ゆえ、育てた方の気持ちは伝わっていると思います。

そして、食品の安全性や評価などの問題は、なかなか難しい問題です。

でも、食べ物が心身を創るものであることを考えると、どの国の、どの人々も「安全、美味しい」食べ物を楽しめるようになってほしいと思います。

そして、そのために私たちも微力ながら頑張らなくっちゃ!と、思います^^)

また、いらっしゃってください

No title

遅ればせながら一周年おめでとうございます。一年という節目はとても感慨深いものがありますね。

我が家の猫の額にもならないような狭いベランダで、長男がせっせと野菜を作ってくれていますが、虫や病気との闘いは本当に大変ですね。これを生業となさっている農家の方々の苦労を思うと、頭の下がる思いです。スーパーの野菜よりも高いですが、これでも安すぎるくらいですよね。

確かに風評被害と言うのは存在しますね。これは生産地と消費地があまりにも離れすぎていて、消費する側は噂や口コミだけで判断するしかない状況も大きいでしょうね。
プロフィール

どんぐりぐり

Author:どんぐりぐり
 食べ物は身体と心を作るものだから、 野菜の生命が心に響くような、野菜を目指しています。

どんぐり菜園のホームページ

 自然のチカラを生かして、農薬や除草剤を使わずに、野菜を育てています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。