--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-19(Fri)

#55  お芋、出てきました^^)

【はじめに】

・昨日、記事を書く予定でしたが、写真が取り込めず、遅れました。
ご訪問いただいた方々に、ご迷惑をおかけいたしました、申し訳ありません。

・次回は、10月27日(土曜日)の予定です。
こんどは、だいじょうぶ!、、、な、はず。。。^^;
また、よろしくお願いします^^)



【今回の記事】

 ①お芋さん、秋空に輝く ⇒ さつま芋コトブキを掘りました^^)

 ②お答えします ⇒ Q。新米はありますか? A。ごめんさなさい、育てていないのです


【お問い合わせ先】

 ご意見をお気軽にお寄せ下さい^^)
<メールアドレス:donguri_yasai@yahoo.co.jp> donguri_yasai@yahoo.co.jp 



★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★  ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ミ

【どんぐり菜園から~① お芋さん、秋空に輝く】

 いよいよ、芋ほりを始めました。

           ☆ミ

私たちの菜園では、さつまいもを3種類、育てています。

 ・コトブキ  焼き芋、てんぷらなどで楽しめるホクホク芋

 ・関東    同じく、焼き芋、てんぷらなどのホクホク芋

 ・シモン芋 甘みはあまりありませんが、ミネラルなどがたくさん入っている芋

 今回、堀り出したお芋は、そのうちの1つ、コトブキです。

 さつま芋にはいろんな種類がありますが、よく店頭で見かける「ベニアズマ」がコロっとした形、「金時」が細長い形、そして、この「コトブキ」は両者の中間くらいです。


 sweetpotato1019.jpg ← 一株のようす(クリックすると、大きな画像が表示できます。)


sweetpotato1019-2.jpg  ← 肌のようす(クリック拡大、できます)


 さつま芋は乾燥を好む野菜です。

今年の夏は暑さは厳しかったのですが、大雨も多く、畑の土は濡れ気味でした。

そのため、風味が良いかどうか、ちょっと心配です。

              ☆  ☆ミ
 
 さつま芋は掘り取ってから、しばらく寝かせておくと、味が落ち着いて、完熟します。

そのため、これから、しばらく秋風になでられながら、お昼寝です。

そのあと、試食して、美味しいお芋になっていたら、またブログでご案内いたします^^)

            ☆  ☆  ☆ミ

 そういえば、21日の夜にはオリオン座流星群がやってきます。

秋の夜空を駆ける流れ星たちに、おいしく完熟するように、お祈りしなくっちゃ☆ミ

   ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ミ  ☆  ☆  ☆  ☆ミ  ☆ミ

【どんぐり菜園から~②お答えします】

Q。新米はありますか? ⇒ A。 ごめんさなさい、お米は作っていないのです^^; 

  皆さまから、たくさんの励ましのメール、お手紙をいただきまして、ありがとうございます。
その一つひとつを拝見するたびに、疲れた身体も癒されて、明日への元気になります^^)

 最近、いただくメールに、「新米もいただきたいのですが。。」とのお問い合わせを頂きます。
でも、残念ながら、私たちはお米は育てていないのです。ご希望にお応えできず、申し訳ありません。

 お米が嫌いなわけじゃないのですが、すぐには解決できない問題もあり、米作りはやっていないのです。

①田んぼを入手できません
 水田や畑などが農業と無関係に使われてしまうと、農業ができなくなってしまうます。そのため、農地の売買や貸し借りが厳しく制限されていて、農業委員会の許可が必要なのです。
 一方、数年前までは、個々の農家が数枚の水田を耕してきたのですが、経営効率を高めるため、最近は、大規模農家に農地を集める政策が進められています。とくに、米どころ新潟県では、水田の集約化が進められており、大規模農家への割り当てが優先され、小規模の農家が水田を入手することは困難です。

②機械負担が難しいです
 昔は、人手で作業できるような大きさで田んぼが作られていました。
でも、作業効率を高めるため、田んぼを広くする改良がおこなわれ、このあたりの水田 1枚の面積はテニスコート約 2面分です^^;
 こんなに大きいと、さすがに人力作業は難しく、機械が必要になります。しかし、私たちは、昔からの農家ではないので、これらの機械は全くありません。
 田植え機、コンバイン、それらを引っ張ってゆくトラクターなど。。。どれも1台300万円以上はするのですが、これらのローンを返済できる見込みがありません^^;

③農薬の削減が難しいです
 新潟県の平野部の水田は、効率よく作業するために、寄せ集められています。そのため、いろんな人の水田がつながっており、その水田を上の水田から下の水田へと水が流れて、稲をうるおしてゆきます。
 私自身が農薬などに敏感なので、それらをできるだけ減らしたいのですが、流れてくる水に入っていると、どうしようもありません。また、このあたりでは、農薬を効率よく?空中散布しているので、私の水田だけ防ぐことは難しいのです。


 
 お米は私たちがもっとも良く食べるものゆえ、育ててゆきたいと思います。でも、このような事情があり、未だ出来ない状況です。

 日本各地で、農薬不使用で育てる方々がいらっしゃいます。きっと、まわりからの農薬混入や周囲の方との関係に相当に苦労されていると思います。
 私も、その方々のお米をありがたく、感謝しながら、かみしめたいと思います。
 
スポンサーサイト

テーマ : ロハス&エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

サツマイモ、いろんな種類があって、甘さ、食感もさまざまです。

もかさんは、しっとりお芋と、ホクホクお芋、どちらがお好みですか??
私は、どっちでも^^;←欲張りですね。。。

さらに、口にピッタリの細いも、大きく食べたい丸々芋。。。

そえぞれに美味しいお芋で、楽しみです。

美味しいおいもがあったら、ぜひおしえてください^^)

また、いらっしゃってください

そうですね、お芋の甘さって、お菓子の甘さと違って、ほのぼの、楽しめますね^^)

ちなみに、お芋をふかしてゆくと、芋の中で甘み成分が生まれてゆきます。その温度は、約60℃。。。だから、ゆっくりと加熱してゆくと、甘さが引き立ちます^^)
あせらずに、じんわりと、ふかしてあげてくださいね

ミント、不具合があったら、いつでもお気軽にお申し付け下さい^^9

また、いらっしゃってください

芋ほり、たしかに、足腰が痛くなってしまいます^^;

生まれたばかりの赤ちゃんの肌が、か弱いように、掘りたてのお芋の肌も弱いんです。そのため、衝撃を与えないように、そぉっと手やスコップで掘り下げます。

周りから見ると、発掘??
でも、そのドキドキ感もお芋の肌を見た瞬間にワクワクに変わります^^9

また、いらっしゃってください

お芋さん…今まであまり意識してなかったのですけど、
どんぐりぐりさんのブログを見てから気になって、
今日は八百屋さんでじっくり観察してきました(^^)
ころっと小太り芋と、すらっとスマート芋…
本当にいろんなさつま芋があるんですねぇ!

さつま芋がとても美味しい季節ですよね♪
我が家では1歳の娘のごはんによく
利用しています。
ほくほくとした甘さは娘も好きなようです(^○^)

そうそう、ミント苗、育ってますよ~♪
本当にどうもありがとうございました!
クッキーはとてもシンプルで
美味しかったです♪

昨日買い物の途中で、保育園の芋ほりに出会いました。
レジ袋を肩にかけ手袋で懸命に掘っている姿はかわいらしかったですよ。
畑に入れない親が道路から身を乗り出してわが子をビデオやカメラに収めようと、
こちらも懸命!
楽しんで掘るお芋はいいですが、ドングリさんは腰を痛めないように!

お芋さん、顔立ちは悪くても、印象に残る風味になるように、頑張ってます^^)

そして、無農薬林檎、すごいですね~
以前、「林檎栽培から農薬を削ったら、1割しか採れなくなる」という話を聞きました。それほどに農薬が当然な林檎を無農薬でやってらっしゃるとは、すごい気力と努力だとお思います。
それだけの丹精込めて育てられた林檎なら、きっと幼稚園のお子さんの心にも強く残ったでしょうね。。^^)

それこそ、真の食育なのかも。。

また、いらっしゃってください

返事が遅くなって申し訳ございません^^;
流れ星の夜、残念ながら、雨つぶが空しか降り注いでました。。

でも、町のあかりにキラキラと輝く夜の雨だれも、綺麗でした^^)

お芋、頑張ってます~生まれたての赤ちゃん同様、芋の皮はナイーブ、だから、最近は、皮を硬くするための陰干しです。

そして、お友だちからもメールでご連絡いただきました^^)
お二人がなかよく語り合っている光景が目に浮かびそうです。お友だちと過ごすひとちきって、子持ちがリフレッシュできて、素敵ですね^^)

また、いらっしゃってください

お芋が私も娘も大好きなので、どんぐりぐりさんのお芋がでてくるのを楽しみにしています♪

先日マクロビオティックのお料理の教室が幼稚園であったのですが、
そこで使ったりんごはなかなか手に入らない無農薬のりんごでほんとおいしかったのです。

そして夏にどんぐりぐりさんに分けていただいたとうもろこしもほんとおいしかったです。
やっぱり手間ひまをかけているものは、違うんだなあと感じます。
そんな野菜を自分も感謝してありがたくいただくことで、元気になれる気がします☆

こんにちはぁ(^^)
お芋、私も大好きデス(*^_^*)おいしいお芋ができること、お願いしてます(^^♪
流星群きれいに見えましたか?
最近私の友達も私のブログを見て枝豆を注文したと言ってました(^^)どんぐり菜園の枝豆本当においしかったね、って居酒屋の枝豆つまみながら二人で話してました(笑)風邪などひきませんように!また遊びに来まーす☆

そうですね、お芋、いろんな種類がありますもんね

そして、スーパーなどでは見かけない、ちっちゃな親指芋、これもちっちゃいながら、美味しいです。

そして、お父さんの愛情こそが、美味しさの秘訣だったと思います^^)

また、いらっしゃってください

よかったです^^)

いろんなお野菜が、美味しくいただけること、って、とても大事なことだと思うのです。

きっと、お子さんも心のこもったお料理で、身に、心にしっかりと根付くと思います^^)

また、いらっしゃってください

そうですね、先生のおっしゃるとおりだと思います。

どの食材も、みな生きてきた証、その食材の中には育ってきた力がみなぎっていると思うのです。

ポッキリーナさんのように、意識と感謝していらっしゃれば、きっと身に心に宿るんだと思います。
私はお芋を食べるときは、一気にムシャムシャ。。そっか、だから、尻にしかつかないのか。。。^^;

また、いらっしゃってください

そう、夏子の~ですね!!

その話を引用して、書こうとしたのですが、「さて、なんていう題名だったっけ??^^;

そこで、米作りの話はやめちゃいました^^;

でも、大変らしいです、技術的にも、人間関係も。。。
たぶん、後者のほうが耐え難いかも。。。^^;

その苦労の涙がお米一粒。
一粒ひとつぶ、かみしめながら、いただこうと思います。

また、いらっしゃってください

返信、遅くなって、申し訳ありません。

お芋、そうなんです、質の良さにがバラバラになりやすいのです。
お芋の美味しさは、質のきめ細かさで決まります。そのため、大きさの大小やデコボコはあまり関係無いのです。

だから、吟味して出荷しないと、買ったお客さまが、かわいそう^^;

毎日、お昼寝中のお芋を眺めては、「美味しいお芋になりますいように」と、願ってます^^)

また、いらっしゃってください

こんばんは~  お久しぶりです
サツマイモの様子 よく解ります 絵ちゃんが子どもの頃 父親が作るのを手伝ったことがあります
名前は何か解りませんが 多分べにあずまかもしれません 中が白くて中心が紫の(あんこいも)と呼んでいましたが そんなのも
ありましたね~・・・  
絵ちゃんが 子どもの頃ですから いま
どんぐりぐりさんが頑張ってやってくれている無農薬いもと同じですね・・・
小さな和菓子位の大きさのものを コーヒータイムのお供にとても会いますよ
絵ちゃんはこれが大好きです・・・。

お芋楽しみです♪美味しく出来ているといいですね~。我が家も息子が大好きなので、南瓜に続いて常にある食材になってしまいました。
あと、さつまいもの葉っぱをありがとうございます!まだお茶は頂いていないのですが、とても楽しみです。枝豆のクッキーも美味しかったです♪(実家の母と一緒に食べたのですが、母も絶賛でした)

最近、味噌汁にさつま芋を入れるのがお気に入りです。
白味噌が多めの合わせ味噌にしてちょっと甘めの味噌汁です。
 ヨガの先生が言ってましたが、食材からは栄養だけでなく生命力も摂取するのが重要なんだそうです。だから新鮮なものや旬の食材はいいんでしょうね。もちろん美味しいですし!どんぐり菜園の野菜もきっと生命力いっぱいですね。

クマ笹茶、いただきました!
うちの浄水器の水のせいか、お湯が多かったのか、色がほとんど出ませんでした。
でも味と香りは楽しめましたよ。まろやかで好みです~♪
自家製で美味しいお茶が出来るなんて
素敵ですね。ありがとうございました。

どんぐりぐりさん、いつもありがとうございます!
昔、『夏子の酒』という漫画を読み、無農薬の米作りの大変さを知りました。
体力的にももちろんですが、他の農家の方たちとの確執はそれ以上なんですよね。
がんばっていらっしゃる方たちの努力に頭が下がります。

さつまいも!わたしの大好きな野菜No1です!芋ほりもなつかしいなぁ。
このどんぐりさんの記事が、童心に帰してくれました♪

お芋きましたねっっ。
うちでも大人気のお芋ですが、
やっぱりスーパーのやと当たりはずれが大きく、
しかもガッカリすることが多いので、
どんぐりぐりさんのお芋楽しみにしてました♪

シモン芋茶もこうばしくておいしかったですっ。
(今は笹茶を頂きながらコメントしてます♪)
どんぐり茶園も開けそうですね^^

お芋たちがお昼寝から覚めるのを楽しみにしてますねぇ。

そうですね~園児たちが全身を使って、芋と格闘?する姿は、ほほえましいです^^)
子ども時代、私も芋を抱きながら、帰って、その夜に出てきたふかし芋、大学芋、、、いまでも、懐かしい思い出です。

丹波黒豆、いまはふっくら枝豆の状態です。
そのうち、写真をのせますね


また、いらしゃってください

いいえ、話してぇ~!?
あ、話しません、ではなくて、離しません、だった??^^;

葉っぱのキンピラ、美味しいけれど、でも、オナラも出まっせ~ぷぅ~っ!!

そういえば、食物繊維を食べまくる、ウサさんたちはオナラをするのでしょうか??

ウサギさんオナラを発見したら、おしえてくださいね

また、いらっしゃってください



そのとおりっ!!、お見通しですね。。。足腰、痛いです^^;

そして、柔肌を傷つけないように、そぉっと掘り取るのですが、まるで発掘作業のよう。。。

でも、綺麗に採れると、嬉しさいっぱい、子どものように大喜びです^^)

また、いらっしゃってください

全ては書ききれないのですが、稲作農家の方々も大変苦労してらっしゃいます。

米余剰といわれて生産調整を押し付けられ、一方で大規模優先され、さらに米価が下がり。。。規制と市場原理の狭間で苦しいところです。

農業政策を日米両国で比較すると、日本では規制や政策に大きくされています。そのため、とくに経費が必要な稲作の方々は心苦しいかもしれません。

ところで、たんたんさん、まるで可愛い赤ちゃんのように、ていねいに洗ってらっしゃるのでしょうね^^)
さつま芋さんは、南国生まれのため、寒がりなのです。で、冬の寒さにあうと、腐ってしまいます。だから、ふわふわ毛布などであったかく包んであげてください^^)

また、いらっしゃってください

年とともにあんなに好きだったお芋も
あまり食べなくなりましたが、いろんな種類
があるにびっくり!

そろそろ保育園の芋ほりシーズン。
前の子の尻尾につかまってぞろぞろ畑に
来る様子は可愛くてしばし見とれます。

おばさんは黒豆を待っていますよ~

ありがとう

どんぐりぐりさん、どんぐりさんがたくさんのご縁を運んでくれます。
この度も うれしい贈り物ありがとね♪
風サン もう どんぐりぐりさんを離しませんから!!!御覚悟を!!!
葉っぱさん 今晩キンピラにしようともくろんでます。クッキーも ぱぱちゃんまでも 気に入ったようです♪naoさんにも感謝します。毎日お忙しいでしょうが お身体ご自愛くださいね。

さつま芋、大好きです♪
いろいろな品種があるのですねぇ~~♪
鳴門金時と紅アズマぐらいしか、知らないです。。。
以前、芋ほりの手伝いをしたことがありましたが、イモを傷つけないように掘り起こすのって、コツがいるんですね。
翌日、めちゃくちゃ足腰にきたのを覚えています。

ポリシーを持って農業をすることを実践するのは大変なことだと思います。どんぐりぐりさん頑張ってくださいね。うちも先週たんたんがたくさんのお芋を家に持ち帰りました。彼女は嬉しくってお芋を自分で洗うのが大好きです。
プロフィール

どんぐりぐり

Author:どんぐりぐり
 食べ物は身体と心を作るものだから、 野菜の生命が心に響くような、野菜を目指しています。

どんぐり菜園のホームページ

 自然のチカラを生かして、農薬や除草剤を使わずに、野菜を育てています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。