--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-05(Sat)

#29 【ご質問にお答えします】&スナップえんどう

【お詫び】
ネット接続ができず、1日遅れとなりました。申し訳ございません。接続できなかったのは、電話回線の不調でした。無事復旧しましたが、ご迷惑をおかけいたしました。

        *      *      *

遅くなりまして申し訳ございませんが、今回はこれまでにいただいたご質問にお答え申し上げます^^)

【ご質問】野菜の洗剤洗いは?
 先日、「ブロッコリーを洗剤で洗ったら?」とのご質問をいただきました。
 これについて、私たちは「洗剤で洗っても、洗わなくても、どちらでもかまわない」と考えています。

【私たちの考え】
(1)そもそも、野菜の表面は水をはじきやすいのです
 まず、果実も野菜も雨などから身を守るために、いろいろな工夫をほどこしています。たとえば、細かなうぶ毛をはやして水をはじいたり(例:桃、エダマメ)、表面にワックスをほどこして水をはじいたり(例:みかん、りんご、ブロッコリー)。。 そのため、このような果実や野菜は、もともと水をはじきやすいのです。

(2)洗剤で洗うとは、油と水が仲良くなることです
 洗剤は油汚れを落とすものです。たとえば、「皿の油汚れを落とす」とは、「皿の表面から油を引き離して、洗い桶の水の中に引き込み、水の中に小さな油の玉としてちりばめて、二度と皿にくっつかないようにすること」です。もともと、水と油は不仲であり、混じりません。だから、洗剤には、水と油を仲良く、くっつける成分として界面活性剤などが入っています。
 また、界面活性剤は水と空気もなかよく混じり合わせます。たとえば、洗剤の泡は界面活性剤が空気と水をくっつけているから、です。

(3)洗剤で洗うメリット
 そのため、界面活性剤がうぶ毛もワックスにくっつくと、うぶ毛の中の空気と水がなじんだり、ワックスと水がなじむため、野菜の表面は水をはじかなくなります。
 つまり、野菜を洗剤で洗うメリットとして、汚れや残留農薬が落ちる、水になじんできれいに見えることがあります。

(4)デメリット
 一方、デメリットとして、洗剤の成分が野菜の組織に侵入する恐れがあります。もともとの野菜の撥水機能を壊して、洗剤が野菜にくっつくので、成分の一部は野菜の内部へ侵入します。だから、洗剤を使用したら、すみやかに、充分に洗い流すことが大切です。これができないと、逆に洗剤成分を食べることになってしまいます。

(5)まとめると。。。
 そもそも、野菜に汚れや残留農薬がなければ、洗剤洗いは不要です。
でも、実際には汚れもあるでしょうし、残留農薬が気になるなら、洗剤で洗い流してもよいと思います(ただし、すばやく、充分に洗い流すことが大切です)。
 でも、どんな洗剤でも、高濃度の汚れ・農薬とか、野菜内部の農薬までは落とせません。そのため、まずは、汚れが少なく、農薬・肥料の残留が少ない野菜を選ぶことが大切だと思います。
でも、かならず水洗は必要です。理由は、いくら農薬不使用でも無菌ではないからです。詳しくは、コメント欄の「★kirin3さんへ」をご覧下さい。


 わかりにくい文章で、さらに「結局、洗ったほうがよいかどうか?」、はっきりしない結論で申し訳ございません^^;

        *     *     *

sb.jpg



 先日、お伝えしたスナップえんどうです。

 【以前のブログ記事】発芽したばかりの姿



 私たちは、青空の下で栽培しているため、春風に吹かれて横になびいた姿になってしまいました^^;
 トウモロコシとスナップえんどうは大の仲良し。。。
だから、トウモロコシとトウモロコシの間でスナップえんどうが育っています。トウモロコシは風を弱めてスナップえんどうを守り、スナップえんどうは根粒菌でトウモロコシに栄養をプレゼントします^^)
 お互いに支えあって生きる、共生栽培です。
 どちらも、まだ幼いのですが、いっしょにがんばろうねっ!

【次回は5月8日の予定です】

【メールをお待ちしています^^)】  どんぐり菜園へメール(donguri_yasai@yahoo.co.jp) 

スポンサーサイト

テーマ : ロハス&エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ありがとうございます^^)

mayさんのきれいな写真を拝見して、一日の疲れを癒してもらっています。

また、お伺いしますね

また、いらっしゃってください

お久しぶりです。

今は野菜を皮ごと食べるとか、丸ごと食べるとか、そういう健康法がありますね。
わたしは、無農薬でない限り、皮ごと食べる勇気がありません。
洗剤は、やはり、野菜が洗剤を吸収する怖さがありますし。
なので、皮をむいていただいています。
義母が作った、「これは無農薬よ!」
と宣言したもののみ、そのままいただいています。
無農薬のものは、見た目が悪いものが多いですけどね(笑)。
専門家でも意見が分かれることでもあり、
自分が信じる道を進むしかありませんね。

こんにちは。FC2にお引越しなさったのですね。これからは農作業のかき入れどきになりますね。お身体に気をつけて素敵な野菜たちをたくさんお育てくださいね。

ご訪問、ありがとうございます~^^)

そうなんです、「適切に」なんですけど、なかなか、断言できなくて。。

家族なら、それぞれの個性がわかるので、この程度っていえるのですが、やはり、多くの方々の場合、敏感な方もいらっしゃるので、無理に押すことはできません。
でも、なんでも「だめ」では、なにもできないし。。

やはり、「信じられるものを心をこめて調理」、これしかないっ!て、思います^^)

また、いらっしゃってください

このたびは、ご質問をいただいて、ありがとうございました^^)

「この話題を書かなくては」と思いつつ、なかなかきっかけができなかったのです。でも、ご質問のおかげで書くことができ、ほかの読者の方々にも伝わることができました^^)

私たちでわからないことは、ほかに問い合わせています。そうすることで、私たち自身も勉強になります。
そのような素晴らしいきっかけを作ってくださって、ありがとうございました^^)

また、いらっしゃってください。

そうなんです、、地元産と農薬不使用って無関係だから、???ですね^^;

最近は、日本のスーパーなどが中国などで技術指導しながら、野菜を栽培・輸入しています。
当然、日本客むけゆえ、農薬低減には力を注いでいるとのこと、そのうち、中国産のほうが農薬不使用で安全になるかも。。。そのとき、私たち、地元農家の立場って???

だから、私たちもがんばります^^)

また、いらっしゃってください

ロミ姉さんへのお答えにも書いたのですが、薄い塩水洗いも落ちます^^)
塩の作用で表面からはがれやすくなるのです。

私たちは苺や葉っぱものを洗うとき、塩水を使ってます^^)

また、いらっしゃってください

そうなんです、、いちおう?洗えることには^^;

でも、塩水で洗うのもいいんですよ^^)塩をいれることで、表面からはがれやすくなるんです。もちろん、薄いもので。。。

また、いらっしゃってください

そうなんですね、、、残留農薬と残留洗剤、どっちが怖いかと。。。??

おっしゃるように、信じられるところから、農薬・汚れの少ない野菜を選ぶことが要点ですね!

また、いらっしゃってください

 まず、「灰汁とは何か?」が難しいので、このご質問にも明確なお答えはできないのですが、私たちは次のように考えています。

 野菜には栄養成分のほかに、不要な成分も入っています。たとえば、亜硝酸根、シュウ酸、タンニンなど。。。
 これらは「まずい」だけでなく、私たちにとっては有害成分です。そのため、やはり採ったほうが良いと思います。

 では、「灰汁抜きを忘れたら?」ですが、これも野菜とその人の感受性によって異なります。大丈夫な方もいらっしゃるでしょうが、敏感な方は発症するかもしれません。でも、敏感な方に合わせて調理したほうがよいと思います。

 また、灰汁とは別に、とくにジャガイモの芽や緑色の皮に含まれているソラニンは危険です、海外では亡くなった方もいます。これはゼッタイに除去してください。
また、ジャガイモは身自体にもソラニンに似た成分が入っていますので、水漬けして灰汁抜きしてください。

長文で申し訳ありません^^;

さすが、ポッキリーナさん、しっかりとしたお考えで、とてもすっきりしました^^)
ほんとうに、おっしゃるとおりだと思います。

人と人、それぞれが信頼して、はじめて安心して手に口にできるのだと思います。そうなれるように、がんばりたいと思います^^)

また、いらしゃってください

こんにちは。
ご無沙汰してすみませんです。
プクプクです。

引越し先に伺うのは初めてですが、さらにいい感じのサイトですね。
洗剤洗いの件、詳細な解説ありがとうございます。

私はできるだけ無農薬のものを選んでいるので、どちらかというと「洗い」が足りなくなっていたかも・・・と思いました。

適切に洗う、ですね。
勉強になりました!
また遊びに来ます。

こんにちわ。丁寧なお返事ありがとうございます。なるほどと思いました。先日ドライブで郊外に出たとき沢山お野菜買ってきました。新鮮なので水洗いをサッとして食べてます。どんぐりぐりさん宅は毎日美味しいお野菜食べれて羨ましい♪

やっぱり最初から 安全な野菜を食べたいですね。地元産にこだわっても 農薬を使っているところは使っていますからね。

とうもろこしとスナップえんどうは仲良しなんですね。
ポリポリとおいしい野菜で大好きです。

ほーぅ。
 
農薬野菜は怖いけど、
洗剤で野菜を洗うのは、
やっぱり抵抗がありますねぇ。。。
 
今回も勉強になりました☆
また遊びにきます♪


へ~、へ~、へ~。
野菜や果物を洗剤で洗うって良くないんだって、思ってましたが、利点もあるんですね。
へ~、へ~、へ。
お勉強になりました。

あっ、こっちも今日は雨でした。

また遊びに来ます。^^

野菜を洗剤で洗うなど考えてもいませんでした。
洗剤をあのゴキにかけると死ぬのですよ!
農薬も怖いけど…

なるべく出所不明なものは買わず、後は信じる? と言ったところです。

洗剤で洗ったことはありませんでした。いつも水洗いでした。
 家で作っているものは本当にさっと洗い(笑)
 野菜の灰汁はやはり抜いたほうがよいのでしょうか?

結局、どれぐらいの農薬が使われて、どんな風に育った農産物なのか分からないので、消費者は不安なんですよね。でも、せっかくの命の恵みを不安な心で食べるのは、人間にとっても野菜にとっても不幸なことです。現代は、季節を問わずどこでも安く見栄えの良い商品が入手できますが、それは、多くの消費者が望んだ結果だと思います。しかし、その結果にともなう負の代償も払わなければならない、ということです。生産者も消費者も、そして野菜もよりよい形で共存していける生産・消費のあり方を考える必要がありますね。

「適切な水洗時間」、、、これも断言できない問題です^^;

まず、栄養素には、「水に溶けやすいもの」と「水には溶けにくいもの」があります。
前者には、例えばビタミンB類、ビタミンC、葉酸、ビオチン、ナイアシンなどがあります。
そのため、これらは水にさらすほど、どんどんと流れ出してしまいます^^;

【ここから、重要です】******************
一方で、野菜は充分に水洗して農薬・汚れや細菌類などを除去することも大切です。
時々、「無農薬だから大丈夫」と洗わずに食べる方がいらっしゃいますが、それは大きな間違いですっ!!

野菜は細菌類などと共生しているので、農薬はなくても、細菌は付着しています。自然界では、いろんな菌類が共生しているのですが、その中には食中毒や病気を起こしうる菌もあります。たとえば、大腸菌、セレウス菌、破傷風菌、ボツリヌス菌など。
農薬不使用=無菌ではありません。
また、地中や空中の化学物質も付着し手いる恐れもあります。
だから、水洗は必要です。
*****************************


で、結論としては、水洗必要です。でも、洗いすぎは栄養素の流出をおこします。しかし、その目安は野菜の状態や洗い方、食べる方の心情にもよるでしょう^^)


ちなみに、私たちの場合、「農薬不使用の泥のない葉もの野菜」で、「流水10秒くらい」です。
一方、「ジャガイモなど、アク抜きが必要な野菜」は「10分くらい水漬け」します。

今回も結論不明瞭で申し訳ございませんが、いかがでしょうか?
また、疑問がありましたら、ご連絡ください^^)

また、いらっしゃってください

私は洗剤では洗いませんが、切ったりしてから少しの間、水にさらしています。
母は、野菜がカスだけになっちゃうよ!と言いますが、何となく不純物が流出しそうな気がするので・・・専門的にはいかがなものでしょうか?
プロフィール

どんぐりぐり

Author:どんぐりぐり
 食べ物は身体と心を作るものだから、 野菜の生命が心に響くような、野菜を目指しています。

どんぐり菜園のホームページ

 自然のチカラを生かして、農薬や除草剤を使わずに、野菜を育てています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。