--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-08-10(Fri)

#46 アゲハチョウとお姫さまネット

【お姫さまネットに包まれて】

 私たちは自然の力を生かして、野菜を育てたいと考えています。
そのうちのひとつが、「農薬を使わないこと」。。。

 でも、野菜を作っていると、その恩恵にあやかろうと、いろんな虫たちがやってきます。
 虫を殺したり、寄せ付けない農薬を使えば来ないのですが、私たちの畑では使いません。
そのためか、ほかの畑を避けて、わざわざ、私たちの畑までいらしゃってくださって、、、それはもう大にぎわいです^^;

 そんな虫たちから守るために大活躍するのが、この防虫ネットです。
下の写真では分かりにくいのですが、網戸のような細かなネットに、銀色にキラキラと輝くラインが何本も入っています。

 網目は約 1 mm、その細かな目で虫をブロック!!
さらに、キラキラ☆ラインでアブラムシを寄せ付けないスグレモノです。
 また、細かな網目のおかげで、強風で吹き付けるチリも防ぎます。


tun.jpg



 たとえると、このネットはお姫さまベッドの天蓋(てんがい)のよう。。。野菜たちはお姫さまネットに包まれて、安心して、すくすくと育ちます^^)

 上の写真に写っているお姫さまネットには、次のような野菜が包まれています^^)
 
 ◎丹波黒豆 (煮豆にすると、ふっくら美味しいお豆です)
 ◎新潟茶豆 (だだ茶豆の仲間で、味わいある茶豆です)
 ◎晩酌茶豆 (その名のとおり、こくのある美味しさの茶豆です)
 ◎スティックニンジン (細長く、手軽にかじれるニンジンです)
 ◎黄金かぶ (まあるく、黄色い甘かぶです)
 ◎フダンソウ (茎が紅色、黄色や白色のカラフルで愉快な菜です)
 
 どの野菜も大切な子どもたち、器量よく、素直に育ってほしいです^^)






【お姫さまネットの中から。。。^^)】

 そのお姫さまネットの中で過ごす、野菜たちのようすをのぞいていました^^)


carr.jpg



  この写真はスティックニンジンです。切り込み葉っぱが、まるで南国のやしの木のようにそそり立っています。

 この時季、優雅に飛び廻るアゲハチョウの幼虫はニンジンが大好き!しばらく眺めていると、ニンジンに産卵したいアゲハチョウがやってきてはネットの上をかすめて、飛び去ってゆきます。

 アゲハさんには可哀想ですが、ニンジンはお姫さまネットの中から、アゲハチョウの舞を眺めて、育っています^^)


 そして、次の写真はフダンソウです。
黄色、紅色、白色の茎が並んで立っています^^)


hudan.jpg



 
 このフダンソウはアブラムシが大好物。。。
 #41でご紹介したとうもろこしで大活躍^^)、アブラムシをすっかり退治してくれたテントウムシを呼びたいのですが、、、、ダメなのですっ!!

 実は、夏の暑い時期、テントウムシは夏休みなんです^^;
テントウムシは暑くなると、落ち葉や石の下で涼みながら、お昼寝中。。。zzzZ
(でも、秋になると、また出てくるんですよ~^^)

 だから、フダンソウはネットに包まれて、育てています。
 
 どの野菜も、本来なら、思いっきりっ、夏の青空をながめさせてあげたいと思います。でも、生で食べる野菜にとって、農薬の残留やくっつき幼虫は大問題!!^^;
 夏は害虫たちも元気に動き回る時季、そのため、お姫さまネットの中で過ごしています。





【次回は8月17日の予定です】


どんぐり菜園へのメールはコチラからどうぞ^^)(donguri_yasai@yahoo.co.jp)

 
スポンサーサイト

テーマ : ロハス&エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ご無沙汰いたしております。
お姫様ベットの天蓋!
いつになっても、女の子のあこがれです。
子供の頃、、蚊帳を吊って、プチ気分を味わったものですが、本物にはまだお目にかかっていません。
野菜さんたちも、満足しているでしょうか?
昭和めもりーずへコメント、ありがとうございました。

いや、いつも虫に負けてます。
ネットをはっても、ネットの中で葉っぱをお食事中だったり。。。^^;

ニンジン、虫もそうですが、草とも戦いです。
ニンジンの種は吹けば飛ぶくらいに小さいのです。そこから出てくる芽はもっとちっちゃくて。。
で、まわりの草に負けると、食べることができずに枯れてしまいます。

ニンジンの種といっしょに除草剤をまけば、カンタンらしいのですが。。。実際、近くのニンジン畑には草一本生えていません^^;

また、いらっしゃってください

虫も上手に操る魔術師どんぐりぐりさん、
さすがです!
虫がつく野菜は大好きです。
最近スーパーで購入した人参が全然腐りません。人間と同じで、歳を重ねて、無理な若作りしているのと似てるな~と農薬まみれの人参を眺めていました。

お姫さまネット、その目の大きさはいろいろあるのです。

一番小さな目は0.2mmなのですが、そうなると光や風もさえぎられてしまい、成長に影響することもあります。

ネットで防ぎたい害虫のうち、一番小さなものはアブラムシ。。。
これは汁を吸うだけでなくて、ウィルス病を移してゆくのです。そのため、私たちは、アブラムシが通れるかどうかくらいの大きさ、1mmを選んでいます。

本来は、自然に育てたいのですが、病気と農薬を避けるため、仕方ないところです。

また、いらっしゃってください

たしかこのお姫様ネットうちの近所でも見かけます。写真的にはもっと目の粗いもののほうがいい感じで網目から撮れるんですがこんな風に野菜たちを守ってくれているんですねえ。

こんにちは^^)

野菜にはいろんな品種があり、さらに毎年、新品種がたくさん生まれます。

で、その中から。私たちが大好きで、この土地にあった野菜を育てています^^)

お客さんが大好き、ではなくて、私たちが大好き、という点で選んでいるところが自分勝手なんですが。。。^^;

でも、自分たちが大好きなので、味もよく分かるし、とことん美味しいものに育て上げよう!と思います。。。はっきり、言うと、、食欲がパワーです^^;

だから、街では見かけない、マイナーな野菜が多いかもしれません。。

自信をもってオススメできるよう、しっかりと育てたいと思います。

また、いらっしゃってください

最近、私たちの田舎町では、県外ナンバーがたくさん走り回っています。

横浜や大阪など、この時季にしか目にできないナンバーがいっぱいで、ナンバーだけを見ると、まるで都会?のよう^^;

この「にわか都会」もあと数日です、いまのうちに娘といろいろな県外ナンバーを覚えなくては^^)

ここでご紹介したフダンソウは、正確にはセイヨウフダンソウといいます。ちょっと、軸の色が違うのです。
味のほか、カラフルな軸で食欲をそそる逸品です^^)

また、いらっしゃってください

えぇ、私たちも守ってほしいです^^;

ネットの目は約1mmなので、中には蚊やアブは入りません。でも、その外側で作業する私たちには蚊やアブが寄り付いて、大変です。

蚊・アブ払いにテンテコ舞いの私たちを、ネットの内側から野菜たちは可笑しく笑ってみているのかな^^;

だから、実は私たちも入りたいくらいです。

また、いらっしゃってください

ps
佐渡旅行の幸せな思い出、拝見させていただきました。ありがとうございました^^)

枝豆にはいろんな品種がありますが、そのうち茶豆グループは新潟や山形など、東北地方で古くから栽培されている品種なんです。

今でこそ、山形のだだ茶豆が有名になりましたが、だだ茶豆だけでなく、各地方でいろんな茶豆が育てられてきたんです。

新潟茶豆は新潟県に昔からある品種と云われています。その風味はだだ茶豆より濃厚とも云われています。

一方、晩酌茶豆は山形のだだ茶豆の中から、さらに美味な豆を選び抜いたものといわれています。

どの枝豆もユニークで美味しい、夏の幸せです^^)

また、いらっしゃってください

どんぐりさん、こんにちは!
ほんとてんとう虫って、お昼寝するんですね。知らなかった~。
次てんとう虫にあえる時は秋になっているのか。。。
なんだか寂しい。

どんぐりさんちに畑には私が知らないお野菜で一杯です。きっとどんぐりさんちの食卓は、お野菜一杯なんでしょうね~うらやましい!めぐぞう、食べるの大好きなので!


こちらのお盆は7月だったのに、この時期里帰りは多くて住宅街も静まり返っています


ふだん草って懐かしい名前ですが、記憶してたのとは違うみたい。
ほうれん草を少し分厚くしたような野菜でした。
簡単に作れたのか、母やおばあちゃんの家庭菜園でも取れました。
ちょっと甘みがあり、私は大嫌いでした。

お姫様ネットにつつまれて、お野菜たちは幸せですね!
わたしも守ってほしい~!(笑)
いえいえ、わたしは強く生きていきます!
佐渡から帰ったらあまりの暑さに驚きました。
そちらはいかがですか?

てんとう虫が夏休み!思わず昼寝している図を想像してしまいます^^)
新潟茶豆や晩酌茶豆は新品種なのでしょうか、それとも地元では昔から作られているのですか?初めて聞きました。

フダンソウ、別名、スイスチャードとも呼ばれています。
このあとは、冬に美味しくなる冬菜などを育てる予定です^^)

私たちも野菜好きなのですが、まだまだ野菜の世界は奥が深く、またどんどんと新品種が出てくるので、なかなか追いつきません^^;

逆に、そんな奥深さが、また野菜育ての面白さなのかもしれません^^)


最近は、とくに暑さが厳しいようです、etyamさんもご無理されないよう、お気をつけ下さい^^)

また、いらっしゃってください



おぉ、ネギ、いいですね^^)
私たちは、昨年の秋、ネギの種をまき損ねました^^;

さぼらなければ、この冬に、太くて、とろ~りとした、甘いネギが採れるはず、そして、鍋に入るはずだったのですが。。。^^;

今年の秋、種まきします、でも、収穫は来年の冬。。。まだまだ、です^^;

だから、ネギが育つウサ畑、とても、うらやましいです^^)

また、いらっしゃってください

そうですね、、「うまいものには目が無いっ!」という言葉、虫にも、カラスにも当てはまるようです^^;

虫とのチエくらべ、なかなか大変ですね。。
負けることも多くて、いつも心配です^^;
ま、自然の中で育てているので、私たちの思い通りばかりには進まないものです^^;

プランター栽培で防虫網がご入用でしたら、お気軽にお申し付け下さい。
プランターサイズでしたら、喜んでお貸しいたします^^)
(お気軽にメールしてください)

また、いらっしゃってください

はなさん、育ててくださってありがとうございます^^)

子どもと同じで、それぞれに個性があるもの、、はなさんの苗は、ゆっくりと、でも、しっかりと歩んでいるんだと思います。

やっぱり、家族みんなで心をこめて育てた野菜が一番美味しいのですから^^)

なにか、お困りのこと、必要なものがありましたら、いつでもお気軽にお申し付け下さい。

また、いらっしゃってください

そうなんです、健やかに育った実がお客さまの心に届いたとき、それが一番の幸せです^^)

健やかで、美味しい実を無事にお届けできますように、と、お天道様にお願いしています。

また、いらっしゃってください

そうなんです、箱入り娘、ならぬ、網入り娘!?

ずら~っと並んだ網、一本の長さが約10mなのです。
だから、強い風が吹くときは、チョット心配です。

茶豆は、香りも良く、こくのある美味しさでクセになります^^)
早く、まるまると太ったお豆が実ってほしいです^^9
ぜひ、ご一緒に応援してください^^)

また、いらっしゃってください

テントウムシ、きっちり仕事して、しっかり休む。。なかなかスゴイやつです^^)

木陰につもった葉っぱをそぉっとめくると、テントウムシが集まって、寝ています。まるで、保育園の集団お昼寝のようです^^)

黒豆、ふっくらして、見ているだけでも幸せになれます^^)

また、いらっしゃってください

こんばんは~・・・

色々と ご苦労させるのですね~・・・
フダンソウ・・・ッ云うの まだ食べた事がありません どんなお味なのでしょうか?・・・ 私は凄い野菜好きで 他の人から 青虫みたい!・・・ッと 云われています 

お姫様ネットとは 面白い名前ですね~
黒豆たちも そんなに気を配って育てるので
すか どちらにしても大変な作業です
日中症などにならないように気を付けてくだ
さいね~・・・。

どんぐりさんって ネーミングのセンスありますよねぇ~
お姫様ネットに守られた セレブな野菜さんたち?^^
 この夏は すっかり夏野菜を植え損ね・・
うさぎの額ほどの畑も 今さみしそうなのです・・・かろうじて ねぎとパセリがふんばってます!!

こんにちは!

こんにちはぁ♪
農薬を使わないためにこんなに大事にされながらネットの中で育っているのですね。
私はビールにはかかさず枝豆をお供にしているので(笑)すごい興味深かったです(^_^)
昨年プランターで枝豆を育てようとしたら虫に喰われてダメになっちゃいました(>_<)私も大事にネットをかけないといけなかったですね。

フダンソウ/ステックニンジン立派ですね、思わず ベランダのと見比べちゃいました・・・(笑)まだ 赤ちゃんだからかな?
我が家の うらなり・・・ちゃんですね

お姫さまネット…いいネーミングですね!テントウムシが真夏はお休み中なのも初めて知りました。
ネットの中ですくすく育つ豆・野菜…どれもそそられるものばかりで、成長して収穫された後のことをついつい想像してしまいます。

まさに箱入り娘なんですね~!

晩酌茶豆 黄金かぶ フダンソウ…
初めて聞く名前の野菜たちです。
「晩酌茶豆」に惹かれました(^^;)
特別にビールに合いそうなネーミングですねぇ♪

へぇ~~。
テントウムシって夏眠するんやっっ♪

黒豆いいですねっ。
去年の正月、黒豆炊きすぎて、
気づけば食費がギリギリになってましたw
(黒豆だけのせいじゃないけどね。)

野菜たち、お姫様ネットで愛情に包まれて育ってるんですねぇ
幸せそう♪
プロフィール

どんぐりぐり

Author:どんぐりぐり
 食べ物は身体と心を作るものだから、 野菜の生命が心に響くような、野菜を目指しています。

どんぐり菜園のホームページ

 自然のチカラを生かして、農薬や除草剤を使わずに、野菜を育てています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。