--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-06-01(Fri)

#36 どんぐり畑は、にぎやかです^^)

【お互いに支えあい】

SCwithSB.jpg


トウモロコシくんは大親友のスナップえんどうくんと寄り添いながら、おっきくなりました^^)
その背丈はすでに私のウェストくらい(←って、どのくらいの高さ!?^^;

スナップえんどうの根っこには「根粒菌」という小人が住んでいます。
根粒菌は空気中の窒素を取り込んで、栄養分として土の中に広げます。
一方、トウモロコシは高くそびえる茎を支えるため、太く、長い根っこを土に深く突き刺します。
そのため、トウモロコシのまわりの土は空気が奥深くまで、すぅっとよく通るのです。

スナップえんどうはトウモロコシから空気をもらい、トウモロコシはスナップえんどうから栄養を分けてもらいます。こうして、親友ふたりは支えあいながら、大きくなりました^^)


ちなみに、写真に見える白い粉、これは米ぬかとイースト菌群の混合粉、、、どんぐりの葉っぱを分解して、土に戻すため、そして、悪玉菌から土を守るため、頑張ってます^^)




【どんぐり葉っぱのお母さん】



tree.jpg


私たちが畑に敷く葉っぱは、山や野原から頂戴してきます。
いろいろな木々から、さまざまな葉っぱが落ちてきます。
その中でも、この木が一番おおきく、毎年、たくさんのふかふか葉っぱを落としてくれます^^)

葉っぱを敷くアイデアは、このコナラ母さんから生まれました。
このコナラ母さんの根元は年々積み重なった落ち葉でフワフワ、でも、その落ち葉をめくると、発酵の香りと美味しそうな瑞々しさで輝いていました。

この素敵な山の幸を敷いたのが、私たちの野菜畑です。
コナラ母さん、この秋もたくさんの葉っぱをくださいね^^)




【アリはギリギリっス^^;】


flower.jpg


畑へ向かう途中に、見かけたお仕事風景です。

撮影しようとカメラを向けたら、風がひゅぅ~っ!!
写した写真にはありんこがいません^^;

しばらくすると、揺れる茎を必死に登るありんこが。。。そして、ようやくたどりつき、蜜を探していると、また風でぴゅぅ~

花から振り落とされてました。。。^^;

苦労があるから蜜は甘い、、、がんばれ~ありんこ!!




【次回は6月7日の予定です】

【メールはこちら→】どんぐり菜園へメール(donguri_yasai@yahoo.co.jp)
スポンサーサイト

テーマ : 贈り物・プレゼント
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

そうですね、、、蟻が苦手な方もたくさんいらっしゃいますね

畑の土をほぐしていると、突然、蟻の巣があることも。。
巣が突然、崩れてしまった蟻たちは、卵を抱えて右往左往。。。かわいそうだな~って思うこともよくあります。

でも、放置すれば野菜が食い倒されることも、、だから、慌てる蟻の姿を苦悩しながら見ています^^;

また、いらっしゃってください

そうですか、、、クチナシ、アゲハ、大変だったんですね。。

自然って、温かくも、きびしいなって思います。たくさん葉っぱが茂る一方で、病気や天敵関係の危険も。。でも、手間をかければ、きっとよみがえると思います

また、いらっしゃってください

ありんこちゃん、がんばれ~!と思わずエールを送りたくなりました。
あんまり好きじゃないありんこちゃんですが、どんぐりぐりさんの眼差しでみるとこんなにかわいく思えるのが不思議です。

さらにくわしいお話ありがとうございました。クチナシの小さい鉢で病気が出てしまって(モザイク病)
知らずにその葉を与えたアゲハの幼虫も縮んで死なせてしまった悲しい経験があります。
その時にいろいろ調べてモザイク病は虫にも植物にも感染するものだと知りました。

そんな土もあったり(一応、ビニール袋密閉状態)なのでどうしたものかと思っていました。捨ててしまえばそれまでの話なんですが、それもなんだか。。。。。
後は鉢の問題ですね。洗って日光消毒した後にアルコールを吹き付けるなんてのもやってみようと思っています。

玉蜀黍(とうもろこし)、、漢字の勉強になりました~^^)

ネットでこの語源を調べて、その意味にびっくり、感嘆しました^^)

語源由来事典:
http://gogen-allguide.com/to/toumorokoshi.html

私は飼料用のデントコーンと区別するために、スィートコーンと呼んでましたが、こんどから「玉黍」って呼びたいです^^)

また、いらっしゃってください

長々とすみません。。。

もう一つ、、、お金はかかりますが、少量の土なら、表面から熱湯を数回通す方法もあります。
熱湯をとおして、不要な成分を洗い流すとともに、全体を高温(80℃以上で5分間以上)に保つことで、病害菌を滅菌します(この場合も土の生命は死んでしまいます)。

熱湯の取り扱いに注意すれば、手のひらサイズの小さな鉢土なら、すぐに再生できます^^)

また、いらっしゃってください




さすが、早いですね
こちらは未だスナップえんどうの花が咲きつつあるところです。
そして、空からはカラスと雀が、草の陰からはキジが狙ってます^^;

カ~、チュチュン!、ケーーーン。。。^^;

ちなみに、夜はネズミと狸が夜遊びしてるとか^^;
無事採れるのか???

また、いらっしゃってください

ありがとうございます。
み~ままさんのお野菜は、温かな眼差しに包まれて、きっと美味しくなると思います^^)

ぜひ、拝見させてくださいね

また、いらっしゃってください

ともに支えあって、育つっていいですね^^)
トマトのコンパニオンプランツとして、バジルはいいと思います^^)
ほかに、ミント、レモンバーム、チャイブ、ニラ、葉ねぎも良いです。

プランターで育てる場合、プランターの土の温度にご注意ください。お日さまの直射日光は意外と熱くなります。熱くなりすぎると、根っこが腐ってしまうかも。。。

プランターの手前にほかの鉢やレンガなどを置いて、直射されないようにご配慮ください^^)

また、いらっしゃってください

おぉ、いいですね~
赤紫蘇に、新玉!!
でも、私たちは日照りの下、やせるときもあり、増えるときもあり。。。おやつ、食べすぎ?^^;

また、いらっしゃってください

暑いですね!!
暑さが好きな野菜と暑さが苦手な野菜、いろいろあります。
トウモロコシ、エダマメ、スナップえんどうは暑さ大好き!
でも、レタス、黒豆はあんまり、、です。

そろそろ、夏模様へ切り替えです!

また、いらっしゃってください

おはようございます。
玉蜀黍とスナップエンドウが支えあって
生きている話いいですね。
こならのお母さんのエプロンの下は滋養がいっぱいなんですね。

くわしいお話ありがとうございます。

熱く焼けたコンクリート部分はいくらでもあるマンション上層階なので(笑、住民の方の目につきにくい場所でコソコソやってみようと思いました。(^^;

 我が家はスナップはもう終わりました。今はソラマメです。そうそう、今日はまんずなると隠元も。お豆勢ぞろいです♪

どんぐりぐりさん、先日は種をアリガトウございました~☆。
どんぐり菜園、訪れるたびに心が洗い流されます。ありくんもかわいい!コナラ母さんもステキ。自然に生かされているんだなぁと、再認識させられますね。

Blog、引越しが終わりました。
お暇なとき、遊びにきてくださいねっ。

支えあう野菜たちって、ほのぼのしてていいですね。マイ・トマトもプランターにぽつんと一株だけなので、何かお友達を植えようかしら、なんて思いました。バジルがいいんでしたっけ?でも、プランターだときゅうくつかな。。。

戦闘モード?!

こんばんわん。

これからの季節、畑はおおさわぎ!!がじゃいも、玉ねぎの収穫して 夏野菜植えて 赤しそとって梅つけて?草と闘って?虫とたたかって・・屋根もないので 汗だくになりますね~ 夏は畑仕事のあとは 体重が1.5キロは減ってます!!

こんにちわ 
暑い日が続いています。
畑も 日々色々に変化して行くのが楽しいのでは? と思ってしまいます。
農薬を使わないこと・・・
使う事の何倍もの労力を必要とする中
とても 楽しそうに 優しく見守る感じのどんぐりぐりさんですね

また 遊びに来ます 

イースト菌は、もともと、何種類かの自家製酵母に市販のドライイーストを混ぜて、育てているものです。
そして、気が向いたときに^^;採ってきた酵母さんを混ぜてます。その一部を水に薄めて、畑にまきます。

土の再生、、どの程度かにもよるのですが、余分な肥料を流すために鉢に入れた土に水を注いで、すすぎます。

次に、病原菌や虫卵をのぞくために日光消毒します。日光消毒はちょっと濡れた状態の土を黒いナイロン袋にいれて、カンカン照りのお日さまの光をあてます。

こうすると、肥料の偏りや病害虫はなくなりますが、有用菌や微生物の生命も失うので無機質のみになってしまうところが欠点なのですxx;

そのため、使うときに腐葉土などをよく混ぜて、しばらく時間をおいてから使うと良いと思います。

また、いらっしゃってください

甘くって、ジューシーで美味しいですね^^)
でも、このスナップえんどうの近くに、矢印のような足跡が。。。

     →  →
       →   →  
こんなカンジです。。。

これは、カラスか、キジか、捜査中です^^;

また、いらっしゃってください

イースト菌郡ってパン用のものと混ぜただけのものですか?
それとも自家製酵母液を作っているのでしょうか。
マンション住まいなので植木鉢の土の再生にはどうしたものかと思っています。

地面が欲しいいなあ。

スナップえんどう、大好き♪♪♪
塩茹でして、そのままポリポリするのが、イチバン好きかも・・・。(笑)
プロフィール

どんぐりぐり

Author:どんぐりぐり
 食べ物は身体と心を作るものだから、 野菜の生命が心に響くような、野菜を目指しています。

どんぐり菜園のホームページ

 自然のチカラを生かして、農薬や除草剤を使わずに、野菜を育てています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。