--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-27(Sat)

#95 食の安全&玉ねぎを偽装!?


【はじめに】

・次回は、少し遅れて、10月8日の予定です。

・お問い合わせ、ご意見をお寄せ下さい^^)

    donguri_yasai(あっとまーく)yahoo.co.jp




【どんぐり菜園から ①食の安全について】

 以前より報道されている、いわゆる「食の安全問題」について、お客さまからご意見をいただくこともあります。この問題について、次のように考えております。

 食べることで、その食べ物は私たちの身体となります。また、その料理に込められた思いは、風味とともに心に刻まれます。食べ物は、身体と心を育む大切なものです。
その大切な食べ物に有害物が混入したり、偽の情報がまとわり付くようなことがあってはならないと考えています。

 しかし、単純に、「やっぱり国産が安全」、「地場産は安全」、「輸入品だから危険」との考え方には、反対です。

 国内にも一所懸命に栽培する方々がいるように、外国にも安全で美味しい食べ物を目指す方々もいらっしゃいます。その一方で、残念ながら、利益のために誤魔化す人は、国を問わずに居ます。
 もしも、「国産だから」、「地元だから」と云う点だけで販売を促したり、購入してしまうと、「国産・地場産に偽装すれば、何でも売れる」などの問題を誘発してしまい、「安全な食べ物を作る・選ぶ・買う」という要点を見失ってしまいます。
 そして、短絡的な輸入品の排除は、安全な栽培に取り組んでいる外国の方々の農産物や努力を否定することになってしまいます。

 もっとも大切なことは、『世界中の誰もが、いつでも、美味しくて、安全な食べ物を楽しめること』
 そのために、国・地域を問わず、世界中にそのような農産物とそれを愛する絆が拡がって欲しいと願っています。

《10月2日追記》
この記事について、「でも、やはり中国の食品は危険で、信用できない」とのご意見をいただきました。
たしかに、最近、メタミドホス混入餃子、メラミン混入牛乳などが問題となっています。
でも、中国の子どもたちも、そのような牛乳を飲みたく無いはずです。

現在の食品は、国を越えて流通・調理されることが多いので、食の安全確保は世界の共通課題です。
日本でも、中国でも、どこでも、どの食品でも安全であるように、改善してゆくべきと思います。
そのためには、国や地域によらず、より安全な食品を選んでゆく姿勢が大切と考えています。

【どんぐり菜園から ①トキが舞う佐渡にて】

 ニュースでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、先日、トキが佐渡の空に放たれました。
トキの放鳥やその内容については、ほかのサイトで詳しく紹介されていますので、ご覧下さい。

  
        【佐渡市のホームページ】 トキの放鳥について 


        【佐渡トキ保護センター】 トキの野生復帰について 

 トキが、佐渡の自然の中で暮らし続けるためには、トキを含めた様々な生き物が豊かに暮らす自然環境が、ずっと続くことが大切です。そのために、佐渡では、減農薬やビオトープの調製など、さまざまな取り組みがなされています。
 そのため、通常?なら、さっさと農薬をかけて手間を省くところを、一つひとつ、根気よく手をかけて育てていらっしゃいます。日々、そのような手間を惜しまずに、生き物たちの営みを守ろうとする佐渡の方々の努力には、深く感心しています。

 でも、一方で、佐渡の方々の努力が続くには、このように育てられた農産物で生活してゆけることも大切です。27年ぶりに空を舞い、消えてゆくトキの姿、そして、その周りに広がる田畑をみて、遠く離れて住む私たちも、買い方や選び方で、佐渡の方々の取り組みを支え、自然を守れることを改めて痛感しました。

 自然は、佐渡だけでなく、空や海をとおして、地球上のすべてとつながっています。このような自然を守る取り組みとそれを応援するような買い方、選び方が拡がって欲しいと思います。

【どんぐり菜園から ③偽装玉ねぎ】

 堂々と偽装宣言っ!! 今回は、玉ねぎを騙してみました。

 玉ねぎくん、普通なら秋から育ち始め、梅雨前に大きな玉になって、掘り上がります。

(でも、冬にも新玉ねぎを食べたいっ!!)

そう思い立ち、玉ねぎを偽装することに。。。。

 実は、玉ねぎくん、冬の寒いときはじぃーーっと眠り、暖かくなると目を覚まして、太り始めます。
そこで、早春、ようやく冬眠から覚めそうな、でも、未だネボケまなこの玉ねぎくんをそのまま冷蔵庫に。。。そして、この夏、ずっと冷蔵庫の中で、眠らせました。

(あれ!?、春が来ないなぁ、、、まだかなぁ??)。。。。そんな寝言が聞こえてきそうな冷蔵庫。

 そして、先日、その玉ねぎを取り出して植えたところ、急に暖かくなったので春と勘違い!!

onion_0925.jpg ← まんまと騙された玉ねぎくん  ^^)

 そう、これからは春っ!?

え??近くの木が紅いって??

いや、、、、モミジのように見えるけど、たぶん、、、サクラ。。。^^;





《おまけのひとこま》

okura_0925.jpg

だまされた玉ねぎ君の隣には、夏のオクラが 未だ元気 ^^)


スポンサーサイト

テーマ : ロハス&エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

2008-09-18(Thu)

#94 お芋の続き&クマバチくんの名月


【はじめに】

・予定よりも更新が遅れまして、申し訳ございません。

先回、お芋のご紹介を書いたところ、いくつかご質問をいただきましたので、今回、まとめてお答えいたします。

・今回、掲載した写真は、すべて携帯電話で撮影したもののため、画質が見難く、申し訳ございません。

・現在、秋枝豆(秘伝)のご予約を承っております。ご希望の方に資料を拝送いたしますので、メールでお申し付け下さい。
 なお、資料をご覧になられて、ご購入されなくとも結構ですので、お気軽にお申し付け下さい^^)

・次回は、9月26日の予定です。


・ご意見、お問い合わせは下記へお願い申し上げます。

            donguri_yasai(あっとまーく)yahoo.co.jp




【どんぐり菜園から ①クイックスイートについて】

 先回の記事 で、お芋の話をご紹介したところ、幾つかご質問を頂戴しましたので、お答えいたします。

Q。クイックスイートって、何が違うの?

 甘い焼き芋になる「さつま芋」も、生(なま)でかじると、アクが強く、とても不味いのです^^;
その「アクが強く、不味いさつま芋」を加熱すると甘くなるのですが、家庭で作る焼き芋に比べて、石焼き芋屋さんのものは、ホクホク感や旨さが格別です。
 はじめに、焼き芋が甘くなる秘密と石焼き芋の秘訣をご紹介いたします。

《甘くなる仕組み》

 さつま芋には「デンプン」のほかに、「デンプンを糖に変える酵素」が、たくさん含まれています。
この酵素が「デンプン」を「麦芽糖」に変化させることで、甘みが出来るのですが、その温度は約70度前後。
そのため、この温度でゆっくり、じっくりと加熱すると、多くのデンプンが麦芽糖へと変わり、甘い焼き芋になります。


《家庭用と業務用の違い》

 でも、業務用の釜に比べて家庭用の鍋は小さいため、加熱すると温度が上がりやすく、70度での処理時間が短くなってしまいます。そのため、家庭で焼くと、甘みが充分に作り出されずに焼きあがってしまいます。
 また、石焼の場合、遠赤外線の照射効果もあり、芋の内部でも麦芽糖生成と水分の蒸発が起こるため、ほっこり美味しい石焼芋になります。

 そして、もし、家庭用の鍋で甘さを引き出そうとしたら、じわじわと温度を上げて、70度を保持して、、、と、約1~2時間の加熱調理が必要と云われています。



《クイックスイートの特徴》

 「でも、、、そんなに時間を掛けられないっ!!」

 このような要望に応えるべく、改良された品種が、この「クイックスイート」です。

 このクイックスイートの酵素は約40度と低い温度から働くため、一気に加熱しても甘い焼き芋ができるお芋です。
 そのため、ふつうのさつま芋は、電子レンジで加熱すると麦芽糖が出来ず、あまり美味しく無いのですが、このクイックスイートはレンジでも麦芽糖が作り出され、美味しいお芋になります。

 一方、野菜を電子レンジで調理することに好き嫌いもあろうかとは思います。でも、長時間のコンロ操作や鍋に焦げ付いた汚れを洗う手間が省けます。
 そのため、お子さんが一人で調理したいとき、突然食べたくなったとき?などに、すぐに、手軽に焼き芋が楽しめるクイックスイートです。

 この「クイックスイート」が開発された経緯は、下記のページでご覧ください。

      作物研究所のホームページから 『迅速調理可能な、新品種クイックスイート』 
 




【どんぐり菜園から ②キクイモについて】

 そして、これも先回の記事でご紹介したキクイモについて、

Q。キクイモはローカロリー?

 キクイモにはデンプンが殆どないため、ほかの芋と比べると、熱量は随分と低いお芋です。

 

 

熱量(kcal/100g)

キクイモ

35

さつま芋

132

じゃが芋

76

里芋

58

じねんじょ

121



Q.イヌリンって?

 デンプンが無い反面、キクイモには、ほかの芋には無い成分、イヌリンが豊富に含まれています。

 イヌリンは糖の仲間ですが、ほかの糖よりも腸へ吸収されにくいため、豊富に含まれていても、摂取カロリーは増えません^^)
そして、このイヌリンには、次のような働きがあるとされています。

 ・ビフィズス菌などの栄養素となり、腸内細菌を活性化させる
 ・ミネラル(カルシウム、マグネシウム、鉄分など)の吸収を高める
 ・血糖値を安定させる

 また、キクイモは、カリウムなどのミネラルやビタミンもたっぷりと含まれています。そのため、キクイモはローカロリーで、健康に良いお芋と言われています。

Q.どのような風味?料理は?

 特徴的な風味は無く、いろいろな調味に馴染みやすい野菜です。

  ・茹でたキクイモの歯ごたえは、茹で大根と茹でじゃが芋の中間くらいです。
  ・茹でたキクイモの味は、ほのかに甘く、ややゴボウのような残り香があります。

 私たちは、次のような料理で楽しんでいます^^)

  ・じゃが芋の代わりに。。。ソテー、シチュー、カレー、肉じゃが、炒めもの、お味噌汁
  ・味噌に漬け込んで、お漬物
  ・オーブンで焼いて、チップス

 お問い合わせを頂いた、ポタージュ、揚げ物、生サラダについては、未経験なので、この秋に収穫したら、早速、チャレンジして、ご報告します。

 

 


 


【どんぐり菜園から ③クマバチくんの名月】

 菜園にも、だんだんと秋の風が吹くようになり、これまで以上にあわただしく飛び回る虫や鳥が多くなりました。

 上空には、もうすぐ南国へと旅立つツバメたちが、菜園最後の食事を楽しむように、輪を描いています。

そして、その輪の下を十数匹の赤とんぼが群れをなして、秋風とともに、流れてゆきます。

そして、さらにその下では、クマバチが花豆の子作りをお手伝い中です^^)



bee.jpg  ← 画面中央あたりにクマバチくん。足元には、黄色のお団子^^)



 つい2ヶ月前は、カボチャの子作りをお手伝いしていたクマバチくん。。。こんどは、花豆にやってきました。足元には、花粉のお団子をつけて、右から左、上から下へと大忙し!!花に体を差し入れて、クルン♪ と回って、花粉だんごを大きくして、飛び出してゆきます。



 クマバチやミツバチなど、蜜を集める蜂たちは、栄養たっぷりの花粉も集めるため、身体中に細かな毛をたくさん生やしています。花の中でクルンと回るたびに、その毛にくっついた花粉を手足で器用に丸めて、足のひざのところでお団子に。。。(お団子をくっつける部分は 花粉カゴとか、花粉ポケットと呼ばれています)。この花粉だんごは、赤ちゃんを育てる食べ物なので、大切に持ち帰ります。



 丸いものには、幸せが宿る と、云います。

 中秋の名月は過ぎてしまいましたが、クマバチくんの花粉だんごも、まぁるく、大きく輝いていました。

 


 

【おまけのひとこま】

 


hanamame_0918.jpg

クマバチくんのおかげです^^)

 

 


 

どんぐり菜園



テーマ : ロハス&エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

2008-09-05(Fri)

#93 今年は、芋年!!


【はじめに】

・現在、未だ、菜園を襲うサルは捕まりません。
そして、何度も、未だ襲われています。。。そのため、サル追い、まだまだ、続きそうです^^;


・現在、えだまめ(秘伝)のご予約を承り中です。
ご希望の方は、メールでご連絡をいただけましたら、詳しい資料をお届けいたします。

   donguri_yasai(あっとまーく)yahoo.co.jp

・次回は、9月17日の予定です。【9月13日に変更いたしました】







【どんぐり菜園から ①今年は、芋年!】

 今年は、国際イモ年、なのです。

きっと、「????」と、思う方が多いかと思いますが、国連の組織のひとつ、FAO(国際連合食糧農業機関)が提唱して、世界中でキャンペーンが展開されている「お芋の年」なのです。


IYP_japanese_2.jpg ロゴ使用のご許可を頂いて、掲載しています。


お芋と云えば、ホクホクのさつま芋、じゃが芋、しっとり美味しい里芋など。
さまざまな美味しさを思い浮かべるだけで、ほっぺたが膨らみます。
その美味しい幸せを創り出す源は、お芋に含まれているデンプンやミネラルなど。。。どれも、お日さまの輝きをぎゅっと凝縮させたエッセンス、風味も栄養もいっぱいだから美味しいのです。

そして、栄養豊富なお芋は、私たちと同じ地球で飢えに苦しんでいる、アフリカの方々の命を支えている、大切な糧です。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、この地球上の各地では、内戦、干ばつや森林破壊などのために、満足に食べられない方々がたくさんいらっしゃいます。


芋は、ほかの野菜にくらべて、気候変動や病虫害に強く、多く収穫できて、さらに栄養価も高い野菜です。
そのため、さまざまな機関や団体が、飢えを克服するお芋の普及に努力していらっしゃいます。

 今年は国際イモ年。。。お芋をとおして、食糧問題への関心を高めるために、FAOなどが様々なキャンペーンをおこなっています。
「国際イモ年」の概要やキャンペーンの詳細は、下のリンクをご覧下さい。
なお、FAOの提案では、「じゃが芋」を指していますが、日本ではじゃが芋だけで無く、他のお芋も含めて、普及活動されるそうです。


   【FAO 国際イモ年の紹介ページ】

 実は、じゃが芋は同じ場所で繰り返し育てることはできず、同じ場所は5年後にしか使えません。残念ながら、私たちの畑にはじゃが芋を植えられる畝が無かったため、今年は育てておりません^^;
 でも、現在、次のような、さまざまなお芋を育てています。



《さつまいも 紅おとめ》
 紅おとめは、甘みとほっこりがバランス良く美味しいさつまいもです。ベニアズマよりも、保存性が良いので、より長く楽しめます。 
 
《さつまいも クイックスイート》
 ラップなどで包んで、電子レンジにかけるだけで、カンタンに焼き芋に変身します。
蒸かし鍋などが不要なので、手軽に甘いお芋を楽しめます。

《キクイモ》 菜食の方、健康志向の方にオススメです
 デンプンがほとんど無く、イヌリンが多く含まれています。
イヌリンは腸内細菌を活性化させる働きや血圧降下作用があると云われている成分です。
 特徴的な風味は無く、いろいろな調味になじみ易いので、じゃが芋の代わりとして料理できます。
ミネラルやビタミンも豊富な一方、料理する芋のなかでは、カロリーが最も低いお芋です。
そのため、菜食の方、カロリーコントロールをされる方におすすめです。

《アピオス(別名 アメリカ・ホド芋)》
 指先くらいの大きさですが、栗のように、ホクホクした風味のお芋です。
ミネラル、ビタミンが豊富なため、インディアンなどが戦いの前に好んで食べたと云われるお芋です。
でも、キクイモとは逆で、カロリーは最も高いお芋です^^;



そして、今年は、お芋をとおして、食糧問題を考える年。。。
同じ地球に住むみんなの暮らしから、飢えの苦しみをなくすために、お芋の販売代金の一部をFAOの募金活動に寄付することにしました。


       【FAO テレフード募金のご紹介】


 皆さまのご理解とお力添えをいただけましたら、光栄です^^)
 
【9月9日追記】
 お芋の予約や販売方法、寄付の割合などについては、後日、ご案内いたします。






【どんぐり菜園から ②先回の答え】

 先回の記事の花は、小豆です!
小さな豆と書くものの、お菓子屋さん、パン屋さんで大活躍っ!!

beanflwr_080827.jpg ← ふくよかな、小豆(大納言)の花です。


野菜には、さまざまな花が咲きます。
その中でも、美しいマメ科の花たち。。。
さらに、その中でも、小豆、落花生、花豆の3つは、可憐な魅力で目を惹きつけます。

幼い頃は「こまめ」と読んでしまった、小豆。。。豆は小さいのですが、花は大豆より大きいんです!!
(枝豆は大豆を早摘みしたものなので、枝豆の花をご紹介いたします。)


gs_080827_flwr.jpg ← ちっちゃい花だけど、、大豆(今回は、秘伝)



小豆と大豆を組み合わせたら、、、中豆??
ホッコリ美味しい小豆の風味で、大豆の大きさだったら、、、なぁんて、欲張って考えますが、、、出来ないみたいです^^;


料理のときに大好きな、小豆の煮汁の香り。あの香りをかぐたびに、気持ちが まぁるくなります。
まだ、大きい花ですが、ちっちゃくなって、美味しくなぁれ!!




【おまけのひとこま】

紅花豆も満開です^^)

benihanamame.jpg







どんぐり菜園

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

プロフィール

どんぐりぐり

Author:どんぐりぐり
 食べ物は身体と心を作るものだから、 野菜の生命が心に響くような、野菜を目指しています。

どんぐり菜園のホームページ

 自然のチカラを生かして、農薬や除草剤を使わずに、野菜を育てています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。