--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-26(Tue)

#92 お日さまSun!SUN!?&枝豆販売のご案内


【はじめに】

・現在、サルとの追いかけっこに追われて、お伺いが遅くなっております。

遅くなりますが、順次、皆さまのもとへお伺いいたします^^)

よろしく「お願い申し上げます。

・次回は、9月5日に更新する予定です。

・ご意見、ご質問をお気軽にお寄せ下さい。

   donguri_yasai あっとまーく yahoo.co.jp




【どんぐり菜園から ①待ち遠しい、残暑】

( 暑さがニガテな方から、反論されるかもしれませんが、とても切実です ^^;

 もうすぐ、今年の夏も終わりになります。

いつもの夏なら、(暑くて、川遊びをいっぱい楽しんだなぁ!)と、言うのですが、今年の夏は違いました。

思い返せば、「暑い!!」のコトバを使ったのは、8月の数日だけ。。。

8月は1週間くらい、晴れ間が続いただけで、あとは時雨や大雨の日々が続きました。

川は濁流のままで夏が過ぎ、お盆すぎからは寒気が入ってきたため、昼間でもストーブをつける日も。。。^^;


 そんな寒い夏を過ごす夏野菜たち、、、、

雨雲からこぼれてくる、わずかな陽の恵みをもキャッチしようと、葉っぱを張り出して頑張っています。


 野菜たちは、わずか数ヶ月という短い生命をかけて、お日さまの恵みをたくさんの栄養へと創り換え、私たちの身体へと引き継いでくれます。

 お日さまの恵みは、命の恵み。

 もうすぐ、夏から秋へと変わる残暑の季節。

どうか、暑くて、暑い、残暑になりますように。。。

今まで足りなかった、たっぷりのお日さまの恵みに出会えますように。。。





【どんぐり菜園から ②枝豆の販売のご案内】

  
今年も、枝豆が可憐な花を咲かせて、実が膨らみ始めました^^)

gs_080827.jpg ← だだ茶豆です


土の中に敷き詰めた、皆さまから頂いた卵の殻は、虫を退治したり、たくましい身体つくりに反映されて、とても立派な枝豆になりました。

これも、皆さまから温かいご声援をいただいたおかげと感謝しています。ありがとうございました^^)

枝豆には、次の2種類がございます。

《だだ茶豆》現在、収穫中です
山形県や新潟県北部で栽培されている甘みと香りの高い枝豆です


《秘伝》10月頃の販売予定です
東北地方のみで栽培される旨みがたっぷりと詰まった枝豆です。

gs_080827_flwr.jpg ← 秘伝の可憐な花です。

gs_hiden_080827.jpg ← 無事に実ると、金色の産毛で覆われます


ご希望の方には、販売のご案内を拝送いたしますので、下記のメールアドレスへご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。

             donguri_yasai@yahoo.co.jp

なお、お届けした資料をご覧になられても、ご注文されなくとも構いませんので、お気軽にお申し付けください。




【どんぐり菜園から ③ハーブエッセンスのご案内】

先回、ご紹介しましたハーブエッセンス、たくさんの方々からお問い合わせをいただきまして、ありがとうございました^^)

いくつか頂いたご質問にお答え申し上げます。

Q。どのくらいもつのですか?
A。保存料などを添加していませんが、密閉したナイロンパックに充填してお届けいたします。
そのまま、冷蔵庫で保管して頂けたら、約1ヶ月くらいです。
一方、開封して容器に詰め替えたら、できるだけ冷蔵庫で保管して下さい。
使い方などで保持期限は大きく変わるので、明言できないのですが、濁りや異臭があるようでしたら、廃棄してくださいますよう、お願い申し上げます。

Q。どのスプレー容器でも良いのですか?
A。送料を安く抑えるために、詰め替えパックの形でお届けいたします。
水、エッセンスなど、化粧水に用いられるような材料のみですので、化粧水などを充填できる容器なら、大丈夫です。
近くの100円ショップの容器でも、腐食されずに、きちんと使用できました^^)


Q。水には何を使うのですか?
A。上水道ですと、残留塩素の問題がありますので、湧き水を使っています。
この町では、ちょっと有名な、山のふもとで湧き出る清水を汲んで、煮沸殺菌したのち、ただちに調合、密封してお届けいたします。

Q。いろいろなハーブを混ぜるのは、なぜ?
A。ハーブには、効果のある成分もありますが、一方で、そうでは無い成分も含まれています。
もし、効果のある成分を濃くするために、あるハーブ 1種類だけをたくさん混ぜると、副成分の濃度も高くなってしまい、その影響も強く出てしまいます。
副成分の種類や濃度は、ハーブによって違います。
そのため、効果のある成分を含んでいるハーブ 幾種類かを、少しずつ混ぜることで、効果のある成分の濃度は高くし、副成分の濃度は低く抑えるようにしています。
そのため、蚊やゴキブリを避けるエッセンスでは、9~13種類のハーブ・野草を調合しています。

現在は、蚊やゴキブリが避けるようなハーブエッセンスを調合していますが、秋以降はカビや菌などを抑えるようなエッセンスの調合をおこないます。

ご希望される方は、お気軽にお問い合わせ下さい^^)

             donguri_yasai@yahoo.co.jp




【次回はコレをご紹介!!】

Q。この花は何でしょうか??

beanflwr_080827.jpg ← ふくよかな唇のようなマメ科の花。和菓子屋さん、パン屋さんに大人気^^)

答えは、次回にて^^)








どんぐり菜園


スポンサーサイト
2008-08-12(Tue)

#91 カエルくん! & サルくん?


【はじめに】

・先日は、ゴールドラッシュについて、ご迷惑をおかけいたしまして、申し訳ございませんでした。

より良い野菜で、ご希望に沿えるように、注力いたしますので、よろしくお願い申し上げます。


・菜園の管理に没頭しているため、お伺いが遅れまして、申し訳ございません。

遅くなりますが、順次、皆さまのもとへお伺いいたします^^)


次回は、8月22日に更新する予定です。

当初は、22日に更新する予定でしたが、しばらく延期させてください。

私たちの町では、数日前から、雨風が強く、肌寒い日々が続いています。

風や雨への対策、そして、低温対策など、野菜たちの健康管理に専念するため、しばらく遅くなります。

ご迷惑をおかいたしますが、お許しくださいますよう、お願い申し上げます。

26日には更新したいと思います。



・ご意見、ご質問をお気軽にお寄せ下さい。

   donguri_yasai あっとまーく yahoo.co.jp




【どんぐり菜園から ①カエルくん、がんばっ!】

 カエルくん、あの独特な形、ぬめ~っとした手触りから、ニガテな方も多いかと思います。

でも、カエルだけでなく、多くの生き物にも関わる話ですので、気味悪がらずに、ご拝読いただけたら、嬉しいです。

そのため、今回の主役、カエルの写真は、あえて入れていません(カエルファンの方には、申し訳ありません^^;


 子どものころ、夜になると、窓に張り付いたカエルが灯火に飛び込む虫をペロン♪と食べる超人的な技を見るのが楽しみでした。


 ご存知のとおり、カエルは小さな虫などを食べるのですが、農薬を使っていないためか、、私たちの菜園には、膨大な数の虫たちがやってきます。

となりの畑にはいないような蛾、虫たちも集まってきて、また、それを捕らえようとする、雀、ツバメ、トカゲ、トンボなど。。。いろんな虫たちがおっかけっこしていて、にぎやかです。

そんな菜園の奥深く、葉っぱの日陰になるような、ちょっと涼しい場所に、じぃぃーーっと、座っているカエルくん。

よ~く見ると、まぶたは半開き^^;

ほとんど動かぬ姿を見ると、(寝るなよ、サボるな~)と、言いたくなりますが、実は働き者。

近くの葉っぱには、カエルくんが食べ終えた虫の残骸などが点々とついています。

ある本によると、カエル一匹が一生の間に食べる虫の数は、千匹以上とのこと。

仮に、一匹の虫が十個の卵を産んで、十匹の毛虫が十個の野菜を食べたとすると。。。

一匹のカエルくんは、虫千匹を退治して、一万個の野菜を救っていることになります。



眠っていても?、スゴ腕のカエルくん、でも、そのカエルに、いくつかの危機が近づいています。

そのうちの一つが、環境変化です。

実は、カエルくん、湿潤な肌をもち、乾燥した場所はニガテです。

そんな柔肌のカエルくんの安らぎの場、小川や草地が、農業の効率化の名のもと、変わりつつあります。

以前の小川は泥で形作られていたので、水の流れで出来たよどみがあり、そこがオタマジャクシや小さな生き物の溜まり場でした。

しかし、最近は、清掃がカンタンで、効率的なコンクリート水路に変わりつつあり、そこに溜まり場は無く、日照りで熱くなった側壁がそそり立っているだけです。

また、以前は、カエルくんの遊び場だった草陰も、最近は、草刈の手間を省くために、除草剤がまかれ、茶色く枯れた草がカラカラに焼きついます。


水中で子育てし、うるおい肌を持つカエルくんにとって、コンクリート水路と焼きついた大地は、大きな脅威です。



そして、もう一つの大きな難題は、ツボカビ病とのこと。

私たちはツボカビ病に疎いのですが、カエルにとっては致命的な伝染病のようです。



 『WWFホームページから ツボカビ病の記事』



いくつかのインターネットサイトで検索してみると、国内でも発症例があるとのこと。

この伝染病が流行らないことを祈るばかりです。



よく云われるように、自然は多くの種類の生命がお互いに交差し、織り合いながら紡ぐ、絆。

カエル自体は小さな生き物ですが、虫を食べ、鳥などの糧になりながら、その絆の織物をしっかりと紡いでいます。

もしも、このカエルの生命の糸が途切れてしまったら、ほかの生き物の糸も途切れ、そして、自然の絆も、ほぐれてしまいます。



昨日も、熱い大地をぴょぴょんと弾みながら、カエルくんが花豆へと出勤してゆきました。

私たち自身、ちっぽけな存在なので、自然自体は変えられませんが、でも、カエルくんのために除草剤をまかないことだけは、続けてゆきたいと思います。

【どんぐり菜園から ②サルが出たぁ!!】


 なぜか、とうもろこしが倒れていたり、実がもぎ取れれていたので、(泥棒??)と、不審に思っていたところ、畑の片隅にかじられた実が!!!

これまで、合わせて、20本くらいが食べられたり、引き倒されてしまいました^^;

monk.jpg ← サルが皮を剥いて、かじった跡です^^;

この畑は小高い丘のてっぺんにあり、林につながっています。

山から吹き降ろす風が心地よく、土の水切れも良いため、とうもろこしを植えました。

しかし、林に隣接していることが、逆にサルを招いたようです^^;

いろいろな対策があるみたいですが、一番、効果があるのは。。。朝仕事。

サルは朝日が出る前の暁の頃に食べるとのこと。

そのため、最近は、夜空が白ばむころ、3時半ころから、畑で見守り番。

サルのおかげ?で、早寝早起き、さらに朝焼けも拝むことができて、とても健康的です^^)


【どんぐり菜園から ③ハーブエッセンス調合液をお譲りします】

 畑仕事をしていると、次々にやってくる蚊、アブ、そして、地面を這い回るゴキブリ、ムカデ

殺虫剤を使わないことにしているのですが、でも、そのままにも出来ないため、ハーブエキスを使ったスプレーで予防しています。

 菜園を彩る、ミント、カモマイル、シトロネラなどのハーブのほか、野草など、13種類から抽出し、精製したエッセンスを、山のふもとで湧き出す清水を煮沸殺菌した水に調合しています。

このハーブエッセンスの調合液をご希望の方にお譲りしたいと思います。

なお、防腐剤や界面活性剤、化学合成成分は使っておらず、皮膚刺激性のディートも入っていません。

また、ハーブなどの成分で忌避させるもので、市販品のような確実な、100%の殺虫・忌避効果はありません。

身体につけると、刺される回数が約半分くらいに減った感じなのですが、ハーブや野草のチカラで防ぎたい方にお届けしたいと思います。

液量や容器の有無で、お代や送料などが変わってきますので、ご希望の方はメールいただけましたら、幸いです。

たとえば、私の両腕、約60~100回分の一例は次のとおりです。

例:ハーブエキス 100mlパック(スプレーボトル無し)  1000円(送料込みです)
(市販品のウナコーワの大瓶(50ml、約800円)の約2本分相当です。なお、スプレー容器は100円ショップなどのものを利用できます)

ほかに、ご希望に応じて、液量やスプレー付属を調製いたしますので、お気軽にお申し付け下さい。

新鮮なエッセンスを調合しますので、ご注文をいただいてから、抽出・精製します。

そのため、約1週間後のお届けになります。

ご愛顧いただけましたら、幸いです^^)


ps

ちなみに、、、、うちの愛犬にも、虫除けのためにスプレーしています。

また、菜園のゴキブリ除けにネットなどにスプレーしています。

でも、、、 サルには効きませんっ!!。。。^^;




【今日のひとこま】

オクラ、大きく花開きました^^)


okra_20080813104335.jpg


優雅に揺れる花を眺めれば、常夏の南風を感じるかのようです。

テーマ : ロハス&エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

2008-08-02(Sat)

#90 izumimirunさん 心に響くレシピ のご紹介^^)


【はじめに】

・このたびは、ゴールドラッシュについて、ご迷惑をおかけいたしまして、申し訳ございませんでした。

より良い野菜で、ご希望に沿えるように、注力いたしますので、よろしくお願い申し上げます。


・菜園の管理に没頭していたため、お伺いできず、申し訳ございません。

遅くなりましたが、これから皆さまのもとへお伺いいたします^^)


・次回は、8月12日に更新する予定です。

・ご意見、ご質問をお気軽にお寄せ下さい。

   donguri_yasai あっとまーく yahoo.co.jp




【どんぐり菜園から ①歓声が響くレシピ ~ izumimirunさんのご紹介】

 以前、学生の頃、「食べること」について、議論したことがありました。

「食べること」には、身体の素材を取り込むこと、味わうことで幸せを感じること、など、さまざまな意味があることに気づくとともに、議論が進むにつれて、「食べるとき」だけでなく、その前におこなわれる「料理」にも、大切な意味が込められていることを痛感しました。

食材を選ぶことから始まり、切り分け、味付け、そして、盛り付けに至るまで、作る人と食べる人の間に交わされるさまざまな想いが込められてゆく、料理。

私たちは、素材となる野菜を育てる農家なのですが、その野菜がより美味しく、心に響くような料理も作れるように、頑張ってるつもりです(目標と現実の落差は大きいのですが^^;

とは、言っても、毎日の料理にかける時間が限られてしまう。。。

そのためか?それとも、グータラのためか、、実は、買っても開かない料理レシピはたくさんあります^^;

そんな中、最近の頼りは、izumimirunさんのレシピブックです!!

(町の本屋さんでも、手に取る方も多く、大人気です^^)


    【izumimirunさんのブログ】『vege dining 野菜のごはん』

 (↓をクリックすると、アマゾン社のリンクが開きますが、アフェリエイトではありません。単純なリンクです^^)
    【izumimirunさんの本】  『izumimirunの「vege dining 野菜のごはん」』


でも、うちでは、「料理のとき」のほか、「ベッドサイド」で読むことも多いかも。

(翌日のレシピを考えて。。。)なぁんて、立派な理由では、ありませんっ!!


izumimirunさんのブログをご覧になった方は、すぐに気付かれるように、ブログにはたくさんのコメントが寄せられ、そして、izumimirunさんも、その一つひとつに温かく、丁寧に返信されています。

それは、まるで、izumimirunさんのキッチンに世界各地から集まって、お料理を楽しんで、いろんな談笑を交わしているかのようです。

そんなizumimirunさんのキッチンに寄せられた想いをまるごと包んだような、レシピブック。

めくるたびに、いろんな歓声が聞こえてくるかのようで、心をこめて創ることの大切さときずなの幸せを実感します。



心をこめて創ったものは、心に響くもの、そして、優しい心は多くの心を惹きつけます。

izumimirunさんが一所懸命に考案されたレシピはもちろんのこと、たくさんの読者の方々との温かなきずなも織り込まれた、素敵なレシピブックです。



   【izumimirunさんのブログ】『vege dining 野菜のごはん』

 (↓をクリックすると、アマゾン社のリンクが開きますが、アフェリエイトではありません。単純なリンクです^^)
    【izumimirunさんの本】  『izumimirunの「vege dining 野菜のごはん」』



食べることは身体と心を育むこと。

ブログなどのコメントを拝見するたびに、レシピに込められた、izumimirunさんと多くの方々の想いに応えられるような、心のこもった野菜を育てなければ、と、気が引き締まります。


ps

izumimirunさんのレシピ、どれもわかりやすく、お料理が楽しめるレシピです。

そのため、メニューに悩むと、、、パラ、パラ、パララ。。。と、めくって、STOP!!

ルーレット式で選んでます ← izumimirunさん、ゴメンナサイ^^;

でも、どのレシピでも、身近な材料で、手軽に、美味しく出来上がります^^)





【どんぐり菜園から ② 小さくも、鋭い眼差し】

野菜の葉を調べるために、手を伸ばすと、びっくりした蛙の放ったオシッコが!!!!

私もビックリ!!

さらに、葉っぱの上に「でかい芋虫っ!!」と思ったら、蛙のウンチだったり。。。^^;


カエル、そのユニークな形から、苦手な方も多いのですが、自然の中で虫を食べ、そして、鳥などの命の糧となる、大切な役割を担っています。


flog_080802.jpg



今年、2008年は国際カエル年。。。ゲコ、ぴょん、がんばっ!!

(カエルを巡る重大なお話は、次回に続きます。苦手な方も、ぜひ、ご覧ください^^)





【今日のおまけ】

カボチャの花に、蜂たちは大喜び、大騒ぎ! 


pump_080802.jpg


のぞき込むときは、そぉーーっと。。。^^)





ど ん ぐ り 菜 園

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

プロフィール

どんぐりぐり

Author:どんぐりぐり
 食べ物は身体と心を作るものだから、 野菜の生命が心に響くような、野菜を目指しています。

どんぐり菜園のホームページ

 自然のチカラを生かして、農薬や除草剤を使わずに、野菜を育てています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。