--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-26(Wed)

#75 耕運は幸運&キカラさんのロハスショップのご紹介



【はじめに】

・先回は、皆さまから温かなご声援をいただきまして、ありがとうございました。

おかげさまで少しずつですが、快復しております^^)

けれど、未だしばらくは目を休めるため、パソコンの作業時間を減らしております。

そのため、皆さまへのお伺いが遅くなっております、申し訳ございません^^;


・次回は、4月2日の予定です。


・ご要望、ご質問をお気軽にお寄せ下さい^^)

メールアドレス表示




【ご案内】

・3月30日まで、我孫子市で mayさんの個展 「with you」 が開かれています^^)

  詳しくは、 mayさんのブログから 『may's cafeの個展』 をご覧下さい。

・3月20日にキカラさんがネットショップをオープンされました^^)

 詳しくは、  『 ロハスショップ キカラ 』  をご覧下さい。




【記事のご紹介】

①うんうん、耕運は幸運?

 春の日差しに包まれて、畑を耕し始めました。

 今回掘ったのは、昨秋、アピオス芋を育てていた畑です。

 昨秋、すべての芋を掘り上げたつもりなのに、次々に出てくるお芋たち、まるで、宝さがし^^)

grdp.jpg


②キカラさんのご紹介

 ブログお友だちのキカラさんは、焼津市でお店を開いてらっしゃいます。

 環境のこと、世界のこと、未来のことを考えた品々が並び、そして、さまざまなハートフルな催しにたくさんの笑顔が集う素敵なお店です。

 そのキカラさんのネットショップ『 ロハスショップ キカラ 』がオープンしました^^)

     

③いっしょに育った絵本たち

 最近、ブログのお友だちで、絵本などを紹介される方が多くなりました。

 絵本は、春風のように、心に温かく、爽やかな風を吹き込みます。

 新たな芽生えを育む絵本たち。。。娘とともに歩んだ絵本をご紹介いたします^^)
 
 今回の一冊は、『 Guess How much I love you 』 です。





【どんぐり菜園から ①うんうん、耕運は幸運】

 春の光を浴びながら、これから育てる野菜のためにベッドメイキングです。
 
昨秋、畑の土はふかふかだったのですが、雪とその雪解け水に圧迫されたために、土は堅く、締まっていました。

その土をふっかふかベッドに作りかえるために、うんとこ、うんうんっ!と、ショベルで掘り返してゆくと、次第に空気が入って、やわらかくなります。

土の中からは、ぎゅうぎゅうに押されたために焼く前のパイ生地のように折り重なった枯葉、そして、そのわずかな隙間からミミズがびっくりして、飛び出してきます。

そんなようすを見ながら掘り進めると、なぜか芋たちがぞろぞろ。。。

昨秋、ここでアピオス芋を育てたのですが、その掘り残しが出てきたようです^^)

大地を掘り返す仕事は、とてもチカラの要る重労働。

そのために、だんだんと疲れてくるのですが、飛び出てきたお芋たちにチョット嬉しくて、身体も軽くなりました^^)

grdp.jpg


 春の空気が入って、ふっかふかになったベッド、新たな生命の誕生が楽しみです^^)


【どんぐり菜園から ②キカラさんのご紹介】

 焼津市でお店を開いてらっしゃるキカラさん、そのお店ではさまざまなイベントが開かれ、たくさんの笑顔が集います。

 先日は、アロマセミナー、そして、夢を叶えるためのエンジェルリーディングセミナー、さらに石鹸つくりの教室やお料理教室も開かれたそうです。
 
そのお料理教室でも、材料にはフェアトレード商品を使うキカラさん。

とかく自分の利益のみに傾きがちな世の中ですが、世界の方々の幸せを考えた材料選びに、キカラさんの温かさと心の広さを感じます。

 ほかにも、助産婦さんを招いて命をみつめる集いを開いたり、ヒーラーでらっしゃるせいさんを招いての育児のお話会を開いたり、原子力問題や環境問題を啓発されたりしてらっしゃいます。

 お子さんを育てながら、地球にも、どの国の人々にも優しさを産み出してらっしゃる、キカラさんです。

 キカラさんのブログは、お店のようすはもちろんのこと、集う方々の熱気、そして、美味しいお料理も拝見できる素敵なブログです^^)

     *** キカラさんのブログ  『  kikara  』 ***

 ところで、「キカラ」って、どんな意味?? 不思議に思う方はぜひ、下のページで探してみてください。キカラさんのオシャレなウィットに、にっこり♪します^^)

     *** キカラさんのお店のホームページ ***

 また、キカラさんの素敵な商品をご紹介するネットショップが、3月20日にオープンしました。

     *** キカラさんのネットショップ 『 ロハスショップ キカラ 』  ***

 一つひとつの商品に、丁寧なコメントが添えられていて、まるでキカラさんと一緒にお店の中を散策しているかのようです^^)



【どんぐり菜園から ③いっしょに育った絵本たち】

 最近、ブログお友だちで絵本や本をご紹介してくださる方々が多くなりました。

 娘も11歳を過ぎたので、最近は絵本を手にする時間こそ減ったのですが、いまでも書棚から娘のようすを眺めている絵本たち。

 その中から、一冊をご紹介いたします^^)


  アマゾン社の紹介ページから、『 Guess how much I love you 』


 この一冊は、娘へと読んだ最初の絵本です。

 野うさぎの父子が、お互いがどれほど大好きか。。。三日月の夜に語り合い、跳ねて、そして、眠るお話が、やわらかで、でも、ユーモラスな絵とともに進みます。


                     *    *    *

 ”Guess how much I love you ” 

 仔うさぎの声に応えようと、 せいいっぱいに伸び上がる耳長のお父さんうさぎ(Big Nutbrown Hare)。。。それを見つめるちっちゃな仔うさぎ(Little Nutbrown Hare)。

 夜の野原をホップする仔うさぎ。。。「いやいや、もぉーーっとだ!」と、高く跳ねたお父さんうさぎ。

 そして、野原よりも広く、川よりも長く、夜空のように深い愛情に包まれて、眠る仔うさぎ。


                     *    *    *


 手のひらサイズでたった20ページだけのちっちゃな絵本ですが、親子の愛がぎゅぎゅっと詰まった絵本です。

 今回ご紹介した本は英文ですが、わかりやすく、リズムも心地よく、読んでいるうちに仔うさぎといっしょに幸せな夜に包まれます。


 ネット本屋さんのアマゾンで、最初の1ページめだけ^^;、立ち読みできるみたいです。上または下のリンクからご覧下さい(いずれもアフェリエイトなどではありません。単なるリンクです^^)

    アマゾン社の紹介ページから、『 Guess how much I love you 』


ps
 和訳もあるのですが、私たちは原文のほうが良かったです^^)




  
 



 
スポンサーサイト

テーマ : ロハス&エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

2008-03-17(Mon)

#74 春の精 雪割草&スナップ立つ!


【はじめに】

・本来は、3月14日に更新する予定でしたが、黄砂&花粉症で目を傷めてしまったため、延期いたしました。ご迷惑をおかけいたしまして、申し訳ございません。


・また、目を休めるため、しばらくの間、パソコンの作業時間を減らしております。
そのため、皆さまへのお伺いが遅くなってしまいます。申し訳ございません。


・次回は、3月26日の予定です。


・ご要望、ご質問をお気軽にお寄せ下さい^^)

「どんぐり_やさい@やふー.しーおー.じぇいぴー」の平仮名をアルファベットに換えてご恵送ください。



【ご案内】

・3月17日から30日まで、我孫子市で mayさんの個展 「with you」 が開催されます^^)

 詳しくは、 mayさんのブログから 『may's cafeの個展』 をご覧下さい。


・3月23日、箕面市で 麒麟さんの HAHA café がオープンします^^)

 詳しくは、 麒麟さんのブログから「HAHA caféのご案内」  をご覧下さい。


【記事のご紹介】

①春の精 雪割草

春のお日さまに照らされて、雪もすっかり消えました。

雪の下、枯葉のベッドに包まれて眠っていた草たちが、頭をもたげて春の風に揺れています。

そのうちの一つ、雪割草です。

yukiwariso_1.jpg

 


②スナップ立ち上がりっ!

私たちの菜園でも、雪の下で眠っていたスナップえんどうたちが立ち上がりました。

クルクル巻きひげも、元気です^^)

snapbean_0317.jpg


③ 白鳥さん、北へ

 これまで、冬の空を舞っていた白鳥たちが北へと帰って行きました。

 ありがとう、白鳥さん。無事にたどり着いて、また幸せと共に、やってきますように。。。

 そして、もうすぐツバメが旅立つはず。。。待ってるよっ^^)/

 



【どんぐり菜園から ①春の精 雪割草】

 つい最近まで日陰には雪が残っていましたが、最近のお日さまの温もりですっかりと消えました。

そして、これまで雪の下で枯葉のベッドに包まれて眠っていた草の芽たちが、ゆっくりと背伸びを始めました。

 

yukiwariso_1.jpgyukiwariso_2.jpgyukiwariso_3.jpg
yukiwariso_4.jpgyukiwariso_5.jpgyukiwariso_7.jpg



 私たちの菜園の近くにある公園では、地元の有志の方々が雪割草を大切に育ててらっしゃいます。

ゆるやかに登る散歩道の足許で、可憐な雪割草の花が春風に揺れています。

 

 yukiwariso_6.jpg  ← 春の陽を求めるかのように、懸命に伸び上がっています。
 

  とてもちっちゃな花ですが、長い雪の眠りを経てこそ美しく輝く、雪割草です。


【どんぐり菜園から ②スナップ立ち上がりっ!!】

 そして、私たちの菜園でも、雪の下からスナップえんどうたちが現われました!!

 雪に押し潰されて、その雪のキャンパスを跳ねる雪うさぎに更に踏まれても?、元気いっぱいのスナップたちです^^)

snapbean_0317.jpg  

 えんどう豆特有の巻きひげも、これからの成長を期待するかのように、わくわく、クルクル、元気です!

先日のソラマメといっしょに、なかよく春の空へと伸びてゆけ~!!


【どんぐり菜園から ③白鳥さん、北へ】

 そして、冬の空を舞っていた白鳥たちが北へと帰って行きました。

吹雪く雪空を力強くはばたく姿、そして、家族いっしょになかよく暮らすようすは、私たちに勇気と絆の大切さを教えてくれました。

 先日、ご紹介した白鳥、オオハクチョウとコハクチョウ、両方とも約1ヶ月をかけて、シベリアの大地へと北帰行します。

とくに、身体の小さいコハクチョウは、上空の風に乗って、オオハクチョウよりも1000km遠く、北極圏近くまで飛んでゆくとのこと。 

ありがとう、白鳥さん。

    無事にたどり着いて、また幸せと共に、やってきますように。。。

そして、これまで南国で暮らしていたツバメたちが、もうすぐ旅立つはず。。。

    今年も、畑の虫採りを手伝って!!ツバメくん!


テーマ : ロハス&エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

2008-03-07(Fri)

#73 まとめて、お答えします^^)

【はじめに】

・先回は、多くの方々から1周年のお祝いのお言葉を頂戴いたしまして、ありがとうございました。

未だ、1年しか経っていませんが、ここまで続いたのも皆様のご声援のおかげと感謝しています。

そして、これからも皆さまとのきずなを大切にしながら、綴ってゆきたいと思います。

・次回は、3月14日の予定です。


・ご要望、ご質問をお気軽にお寄せ下さい^^)

「どんぐり_やさい@やふー.しーおー.じぇいぴー」の平仮名をアルファベットに換えてご恵送ください。



【ご案内】

・3月17日から30日まで、我孫子市で mayさんの個展 「with you」 が開催されます^^)

 詳しくは、 mayさんのブログから 『may's cafeの個展』 をご覧下さい。


・3月23日、箕面市で 麒麟さんの HAHA café がオープンします^^)

 詳しくは、 麒麟さんのブログから「HAHA caféのご案内」  をご覧下さい。




【記事のご紹介】

これまで皆さまからさまざまなご質問を頂戴いたしまして、ありがとうございます。
遅くなりましたが、まとめてお答えいたします。

①有機野菜に農薬を使っていいの?
有機JASの野菜でも、使用できる農薬はあります。
でも、気軽に使っていいものではありません。
重大で、緊急で、どうしようもないときのみ、使える農薬です。

②中国の野菜は危ないと思いますか?
どこの国であれ、野菜に罪はありません。
その国が危ないというよりも、育て方によると思います。
一所懸命に適正に育てられたものなら、国産でも、外国産でも大丈夫なはず。。。です。
そして、そうなってほしい、と願っています。

③イベントはありますか
私たちのお客さまは北海道から沖縄まであちこちにいらっしゃいます。
イベントを開いても、来れる方とそうでない方に分かれてしまい、不公平になってしまいます。
そのため、イベントではなく、皆さまへ季節のご挨拶をお届けすることにしております。

皆さまがこちらへいらっしゃってくださったときは、心からお迎えいたします。
そのときは、ご足労いただいたお礼として、何らかの歓迎イベントをおこなわせてください^^)




【どんぐり菜園から ①有機野菜に農薬を使っていいの?】

先日の記事(#68)で、「有機JASでも使用可能な農薬」と書いたところ、このご質問をいただきました。

まず、ここでお話しする「有機JAS、有機野菜」とは、「有機農産物の日本農林規格の規定にどおりに育てられ、有機JASに認証された野菜」のことです。

ところで、有機野菜と聞くと、「農薬などをまったく使わずに育てた」というイメージがあるのですが、実はある種の農薬は使用できるのです。


先ほどの規定「有機農産物の日本農林規格」の中に、「有機」と名乗れる条件が細かく規定されているのですが、そのうち農薬のポイントを簡単に掲げると、次のとおりです。

・化学合成された農薬を使用しないこと
・遺伝子組み換え技術を使用しないこと
・いろいろと努力しても防げないときは、別表2に掲げた農薬を使用可能
(この6ページめの別表2には、天然物から採取した成分や食酢などが書かれています)

このように、「有機」とは「化学合成農薬や遺伝子組み換え品を使用しない」とのことで、緊急時は「天然物から作った農薬(別表2)」のみは使用できます。



でも、だからといって、「別表2の農薬をいつでも、たっぷり使ってもいい!」のでは、ありません。

この規定では、「重大な危険が急迫している場合」で、更に「耕種的防除(植え方の工夫など)、物理的防除(網など)、生物的防除(天敵やハーブなど)では、防げない場合」のみと厳しく決められています。

私たちは有機JASを申請していませんが、この規定と同じか、それ以上に自然な育て方になるように、頑張ってゆきます^^)




【どんぐり菜園から ②中国の野菜は危ないと思いますか?】

最近の事件のこともあり、このご質問をいただきました。

被害に遭われた方々もいらっしゃいますし、捜査中のことなので、なかなかお答えしにくいのですが、次のように考えております。



まず、どの野菜、果樹にも、罪はありません。

心をこめて、適正に育てれば、どの野菜も安全に、美味しく育つはずです。

そこに、国の違いは関係ないものと考えています。



これまでも、中国の野菜、アメリカの牛肉・小麦などで大騒ぎになったことがありました。

でも、それぞれの国でも一所懸命に育てている方々もいらっしゃると思います。

そのような熱意がもっともっと拡がって、どこの野菜でも安心して食べられるようになってほしい、と願っています。

そして、野菜を育てる私たち、美味しくて、安全な野菜をお届けできるように、頑張ってゆきます^^)

(このような事件がおこると出てくる、「△□のものはダメで、国産・地元産が安心!」とのコメントに、実は心中複雑です^^;




【どんぐり菜園から ③イベントはありますか】

実は、「皆さまといっしょに泥だらけになって?楽しめるイベントもいいかなぁ?」と、考えたこともありました。

でも、次のような考えから、イベントではなく、ほかの形でのお礼を考えております。



おかげさまで、私たちのお野菜は地元のほか、北海道から沖縄まで各地の皆さまにご賞味いただいております。

そのため、イベントを開いても、気軽に来れる方とそうでない方に大きく分れてしまい、とても不公平になってしまいます(私たちが大金持ちだったら、ご招待もできるかもしれませんが?。。。^^;



私たちにとって、どのお客さまも同じように大切です。

そのため、イベントではなく、皆さまへ季節のご挨拶をお届けすることにいたしました。

どうか、ご理解をたまわりたく、お願い申し上げます。


ところで、これとは別に、皆さまがこちらへいらっしゃってくださったときは、心からお迎えいたします。

そのときは、ご足労いただいたお礼として、何らかの歓迎イベントをおこなわせてください^^)


テーマ : ロハス&エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

プロフィール

どんぐりぐり

Author:どんぐりぐり
 食べ物は身体と心を作るものだから、 野菜の生命が心に響くような、野菜を目指しています。

どんぐり菜園のホームページ

 自然のチカラを生かして、農薬や除草剤を使わずに、野菜を育てています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。