--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-30(Wed)

#68  早起き、ロゼットちゃん

【はじめに】

・とうとう、雪が消えてしまいました^^;

・加工食品の農薬中毒事件が報道されています。
 被害に遭われた方々が早く全快されるよう、お祈り申し上げます。
 また、記述不足があったため、1月31日朝に加筆いたしました。

・次回は、立春、 2月4日の予定です

・ご要望、ご質問、お気軽にお寄せ下さい^^)

この「donguri_yasai★あっとまーく★yahoo.co.jp」から、★あっとまーく★を修正してご恵送ください。


【記事のご紹介】

①ロゼットちゃん、早起きっ
 雪が消えた畑。地面に張り付いていたロゼットが起き上がりました。立春は、まだなのに。。。

rosette.jpg

②お答えします~Q.農薬はキケンですか?
 A.
 【この記事は1月26日に記述しました。中毒事件を受けて、削除も考えたのですが、農薬の不正使用を許すものではないため、掲載を続けています。】

 まずは、農薬中毒の被害に遭われた方々が早く全快されるよう、お祈り申し上げます。そして、農薬は適法に使用し、管理することが大切です。その前提の下で、次のように考えています。

 私たちは、「子育てと野菜育ては同じ」と考えています。
 もしも、子供が病気になったら治すために薬を使いますが、子供を薬漬けにして育てる親はいないはず。そのため、私たちの菜園でも、薬に頼らないように次のように育てています。

  ①免疫力が発揮されるよう、強く育てる
  ②ハーブなどの混植、海水や酵母散布で予防する
  ③防虫ネット、カバーなどで物理的に予防する
  ④罹った場合は、②の方法で治療したり、手摘みで除去する
  ⑤それでも、被害が拡がる場合は、原則廃棄します。

  今まで⑤に至ったことはありませんが、これからも農薬使用に至らないように育ててゆこうと思います。

 また、「農薬は規準に沿って使用すれば安全」と、いわれています。でも、人それぞれに体質は異なり、敏感な方はごく少量でも発症する場合があります。
 そのため、それぞれの方がご自身の体調にあった野菜選びをされた方が良いと思います。

③液種、完成~
 おかげさまで、無事に液種が採れました^^)
今は、小麦粉と混ぜ合わせて、元気に元種膨らみ中です。

apple_0128.jpg





【どんぐり菜園から ①ロゼットちゃん、早起きっ】

 厳しい冬を乗り切るため、植物たちもいろんな努力をしています。

 そのうちの一つが、ロゼット(Rosette)。。。タンポポが冬の冷えた地面にペッタリとくっついている、あの姿です。


rosette.jpg




 地面に張り付くことで寒風をやり過ごし、地熱を受け取って、さらにお日さまの光をめいっぱい浴びる、機能美あふれるデザインです。

 暖かくなると、むくむくっと起き上がるロゼット。
最近は雪がすっかりなくなって、もう起き出しました。

 。。。 でも、未だ早いんじゃない?立春、未だ、だよ。


【どんぐり菜園から ②お答えします~Q.農薬はキケンですか?】

 A.
 【この記事は1月26日に記述しました。中毒事件を受けて、削除も考えたのですが、農薬の不正使用を許すものではないため、掲載を続けています。】


 まずは、農薬中毒の被害に遭われた方々が早く全快されますよう、お祈り申し上げます。
 そして、農薬はもちろん、どのような製品でも安全に使用することが大切です。とくに、農薬は「適法に使用し、管理すること」が大切です。
その前提の下で、次のように考えています。
 


 私たちは、「子育てと野菜育ては同じ」と、考えています。

 子供も野菜も、命が芽生えて、料理(野菜の場合は養分)を食べて、仲間(風や虫)と関わりながら、大きく成長します。
 でも、その間には、悪い病気にかかったり、怪我することも。。。

 もし、子供が病気や怪我になったら、早く治して笑顔が戻るように手助けします。日々のちょっとした風邪や切り傷だったら自らの力で、でも、大きな病気、怪我のときは、薬も使います。
 同じように、野菜が病気や怪我になったら、まずは自らの力で、それでも命に関わるようなら薬も必要です。



          *   *   *



 でも、自分の子供を育てるとき、薬に頼るより、まずは病気に負けない身体つくりを心がけるはず。同じように、野菜育ても、まずは農薬を使わなくてもよいように、たくましく育てることが大切と、私たちは考えています。
 そのため、私たちは次のように育てています。


  ①免疫力が発揮されるよう、強く育てます。
    土作りを充分におこない、風やお日さまの力を活かして、たくましく育てます。

  ②自然の力を活かして、予防します。
    ハーブなどの混植で害虫を忌避したり、海水や酵母散布で病害を予防します。
    
  ③物理的に予防します。
    防虫ネットやカバーで覆ったり、光量や温度を適切に管理して予防します。
  
  ④罹った場合は、②の方法で治療したり、手摘みで除去する
    病害・虫害部分は手摘みで除去します。
    また、拡大しないように、②や③の方法を使います。   
  
  ⑤被害が拡大する場合は、原則廃棄します。
   病気の場合は病原菌が拡大しないように焼却、虫害の場合は堆肥化します。
   しかし、購入予定のお客さまが承諾された場合は、農薬使用することもあります。
   この場合、農薬は有機JAS栽培でも使用可能な農薬とする予定です。

  幸いにも、今まで⑤に至ったことはありません。
  これからも農薬使用に至らないように育ててゆこうと思います。


          *   *   *

 
 そして、「農薬は規準に沿って使用すれば安全」、「抜き取り検査で残留濃度が規準以内なら、安全」と、云われています。
 でも、人それぞれに体質は異なるため、敏感な方はごく少量でも発症する場合があります。
このような症状は農薬中のある成分が発症させるのですが、原因となる成分は人それぞれに違います。一方で、野菜によって農薬は異なり、またメーカーにより成分も異なります。
 そのため、たとえば、「じゃがいもはどんなものでも大丈夫。でも、トマトは○△さんのものでないとダメ」というケースもあるかと思います。


          *   *   *

 
 農薬は野菜の命を守るためのものゆえ、全否定はしません。
 でも、次のことが大切と考えています。
  ・農薬は適法に使用、管理すること
  ・農薬を使わなくても良いように、強く育てること

 そして、それぞれの方々がご自身の体質や生活スタイルにあった野菜選びをされると良いと思います。



【どんぐり菜園から ③液種、完成~!】

  先日、無事に液種が採れました^^)

  皆さまのあたたかいご声援のおかげと感謝しています、ありがとうございました。


apple_0128.jpg ← シードルのようです(飲みたいけれど、ガマンっ^^;



 そして、今は小麦粉と混ぜ合わせて、元種を膨らませ中。
でも、元気すぎて、フタを押し上げ、はみ出てしまいました^^;

 玄関入れば、家の中は△☆○ー□の香りでいっぱい、毎日が宴会気分!?
(↑あんまり詳しく書くと、酒○法などで国○局がいらっしゃる??。。。早く、パンにしなくっちゃっ^^;



スポンサーサイト

テーマ : ロハス&エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

2008-01-23(Wed)

#67 子育てを始めました^^)

【はじめに】

・先回、皆さまから雪の願いを込めていただいたおかげで、その後、約50cmまで積もりました。
でも、ブログを書いた今日(1/23)、関東では雪が舞っているとのことですが、新潟は3月下旬並みの暖かさ。そのため、雪はすっかりなくなりました^^;
どなたか、雪を贈ってください!?


・1月27日(日曜日)11~16時、箕面市で麒麟さんのHAHA café がオープンします。
麒麟さんとお友だちの方々が卵&乳製品ゼロのお菓子などを手作りされるカフェとのこと、です^^)

    麒麟さんのHAHA café さんのご案内


・次回は、1月30日の予定です

・ご要望、ご質問、お気軽にお寄せ下さい^^)

この「donguri_yasai★あっとまーく★yahoo.co.jp」から、★あっとまーく★を修正してご恵送ください。


【記事のご紹介】
①酵母育て始め
 パン・お菓子用の酵母たちを仕込みました^^)久々の酵母育てなので、無事に育つまでドキドキです。
 まずは、24時間だけ過ぎたようすです。少しだけ、吐息が出てきました。

林檎酵母

ほっぺ桜色酵母


②お友だちブログのご紹介~wacameさんの「ゆうげのしたく」

 鍋物のお話、日々のレシピ、さらに謎のタマネギのおうち?まで、楽しめるブログです^^)

  wacameさんのブログ、【ゆうげのしたく】





【どんぐり菜園から ①酵母育て始め】

 酵母育て。。。ちっちゃな命を、時間をかけてゆっくりと育てることを楽しんでいます。

 ほんとうはいつも楽しみたいのですが、春から秋の畑作期間は虫摘みに時間を割いてしまい、温度や環境の調節が後手にまわってしまうため、充分に手をかけて上げられません。そのため、これまではパン・製菓用ではなく、野菜に振り掛けて使う畑用の酵母として育ててきました(といっても、酵母みずからのチカラで増えていただけ、ですが^^;

 いったん手がけ始めると、次々と育てたい酵母が心の中に湧き出します^^)
でも、まずは初心にかえって、林檎から。

林檎酵母上面  ← 減農薬林檎です



林檎酵母発泡  ← 桜色の液の中に、小さな吐息がキラキラと舞っています


 
 でも、チョット遊び心で、冬だからこそ心も身もあったまる、コレ↓も同伴させてます^^)

 
 ほっぺ桜色酵母  ← 香りがほわぁ~っと拡がって、娘のほっぺは桜色です^^)



 無事にパン・お菓子へと育ちあがるまで、まだまだ長い時間と道のりがありますが、ゆっくりとお世話してゆきたいと思います。
 でも、楽観的な私たち、まだ液種作り1日めなのに、既に食べる心構えをしています^^;
1つめの林檎酵母パンはアップルフィリングをはさんで、そして、2つめは吟醸酒と一緒に!?

 ブログのお友だちには、天然酵母やパン・お菓子のベテランの方々がいらっしゃいます。ぜひ厳しいアドバイスをお願いいたします^^)




【どんぐり菜園から ②お友だちブログのご紹介】

 ブログを始めてから、たくさんの方々から色々なお話をお伺いして、私たちの生活もずいぶんと広く、そして、あったかくなりました。これも、皆さまの温かなおかげと感謝しています、ありがとうございます。

 そのお友だちには、お料理やレシピを紹介してらっしゃる方々もいらっしゃいます。そのレシピブログの方々の中から、今回はwacameさんの「ゆうげのしたく」をご紹介いたします^^)

   wacameさんのブログ、【ゆうげのしたく】


 冬といえばネギ、鍋に入れれば風味ゆたかに、焼いて甘くいただけるのですが、もっとネギの魅力を挽き出すお料理をwacameさんのブログから拝借しては、楽しんでいます^^)

 とくに、好評だったのは、香り豊かな長ネギマリネ。

   wacameさんのブログ【ゆうげのしたく】から、「野菜で前菜イタリアン」

 そして、娘も大好きな、身体の芯からあたたまるネギのグラタンスープ^^)

   wacameさんのブログ【ゆうげのしたく】から、「夜 下仁田グラタンスープ」

 
 ほかにも、鍋物のレシピはわかり易くて、美味しいです^^)

 でも、、、どうしても気になるのは、コレ↓です。。

   wacameさんのブログ【ゆうげのしたく】から、「N.Y.土産のタマネギ&とうもろこし」

 小さな頃から、寒風の中、宙吊りされたタマネギを見るたびに、「タマネギさん、タイヘンだね~」と思ってきたのですが、NYのタマネギはあったかなおうちに包まれているのでしょうか。。。タマネギでカルチャーショック、です^^;

 ふだんのレシピから日々のお話まで、心温まるブログです^^)

   wacameさんのブログ、【ゆうげのしたく】



  

テーマ : ロハス&エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

2008-01-16(Wed)

#66 やっと、ようやく、どうにか、雪

【はじめに】

・パソコンのつながり具合が悪く、年末年始からしばらくの間、とりはずして工事していました。そのために、皆さまのブログへお伺いできず、申し訳ありませんでした。
また、記事やコメントのお礼が遅くなりまして、申し訳ありませんでした^^;

・雪が降るように願いをこめて、雪のブログデザインを拝借しました。ありがとうございました。

・次回は、1月23日の予定です

・ご要望、ご質問、お気軽にお寄せ下さい^^)

この「donguri_yasai★あっとまーく★yahoo.co.jp」から、★あっとまーく★を修正してご恵送ください。


【記事のご紹介】
①ようやく、雪
 先回のウサギの足跡をご紹介したあと、雨が続き、暖かな日々が続きました。
でも、いまは冬のはず。。。雪を待つ雪下野菜にとってはカンカン照りの暑い日々。
 そして、ようやく今日から雪が降りはじめました。がんばれぇ~寒気くんっ!

②遠い国へ笑顔を
 年末年始、パソコンとケーブルを工事に苦戦していたら、某国の友人から紛争に苦しむ便りが届きました。国と時間を越えてコトバと思いを伝えるインターネット、世界中の子ども達にも笑顔を拡げてほしいです。

③冬はアナクロ
春から秋の時季は虫に追われて、出来なかった手作り仕事。冬だから、ゆっくりと取り組んでゆきます。




【どんぐり菜園から ①ようやく、雪】

 先回のブログで、雪原を駆け抜けたウサギの足跡をご紹介しました。
でも、その撮影後は暖かくなり、雨や小春日和の日々が続きました。
 
 ほっぺたがほんのりと暖かくなるお日さまに嬉しくなりながら、畑をまわってみると、わぁっ!雪下野菜が日照りに苦しんでいるっ!
 
 暑いよぉ~、蕾(つぼみ)が出ちゃうよぉっ!!

 雪下野菜は雪の下で眠らせて、旨みをぎゅぎゅっと蓄えさせる野菜の育て方なのですが、暖かくなると春と間違えて蕾を出してしまうのです。思い返すと、ちょうど一年前、雪がまったく積もらずに雪下野菜は眠ることなく、蕾を出してしまいました^^;
(ちなみに、キャベツ、白菜や人参の上に塔が建つように茎が伸びて蕾をつけるので、塔立ちといいます)

 そういえば、最近は新潟でも温暖を好む蜜柑を栽培できるようになり、一方で寒冷好みの林檎が難しくなっていると聞きました。また、暖かな地方へと逃げるはずの渡り鳥が未だ居残っているとも。。

 冬の新潟、私たちが子どもの頃は出会えなかった冬の星空に、(明日こそ、雪が降りますように)と日々願い、そして、ようやく今朝から本格的に降り始めました。
 でも、未だ15cm。。。この冬は例年どおりに雪が降るとの長期予報を聞き、1mの積雪を期待していたので、まだまだ、です。

 頑張れ、シベリア気団くんっ!
もっと積もらないと、雪下野菜たちが塔立ちしちゃうよ。
そして、雪かきで正月太りを解消しようと企んでいた私たち、太っちゃうよ~^^;




【どんぐり菜園から ②遠い国へ笑顔を】

 先日、海外に暮らす友人から連絡が届きました。その某国では、未だインターネットができるような通信設備やコンピューターが普及していないため、ごく少数しか利用できず、またメール一つにも時間と手間がかかるとのこと。

 思えば、ブログを始めてから、私たちはいろんなお話を拝見し、そして、多くの方々からさまざまな励ましのお言葉をいただきました。
 ある方のブログでは美しさの素晴らしさを教えていただき、また他の方からは手作りの温かさを分けていただきました。そして、ほかのさまざまなホームページなどから、生命の尊さ、人々のつながり、歴史が刻んだコトバを汲み取ることができました。
 インターネットのおかげで、時間と距離を越え、いろんなコトバと思いを受け取り、人のきずなの温かさを実感しました。
 
 同じ頃、その国では長く続いた紛争のために未だ治安が安定せず、地元の関心は平和よりも戦うこと。あるテレビでは、十数歳の子どもたちが恨みを胸に、銃撃訓練しているようすが報じられていました。

 家族の命を奪われた悲しみ、恨みは尽きません。でも、その繰り返しが行き着く先は、ほかの多くの歴史がつづってきたはず。 
 硝煙の中からは、目の前の苦しさと他者への不信感しか見えないのかもしれません。でも、もし、インターネットをとおして、歴史のコトバや人々のきずなの素晴らしさを手にしたら、その子たちにも笑顔が戻るかもしれません。
 インターネットには良きも悪きもありますが、コトバと思いを伝える手段として世界中に広く普及してほしいと願っています。



 
【どんぐり菜園から ③冬はアナクロ】

 先日、お店に行ったら、大決算セール。
群がる人々の熱気をかき分けて、値引きワゴンを探検したら、おぉぉぉっっ!!

 以前から欲しかった?万歩計が、7割引っ!
それも、『スーパーデジタルコンピュタ内蔵。。。』、おぉっ!すっっっっごい!!

  ??????
 
 って、コンピュータってデジタルだよ、、、ね??(まぁ、アナログもあるけれど、このちっちゃさと数百円にはならない、よね)

 さらに、スーパーコンピュータじゃ、無いんだよ、ね(←まぁ、万歩計だから^^;

 デジタルコンピュータをも超えた『スーパー』なのだから、きっとものすごいんだよ~白黒液晶1つだけなんだけれど。。。
(頭の中で思い描いただけで、伝わる)とか、(ひょっとして、付けただけでエネルギー消費されるんじゃぁ??)

と、ひとり妄想にふけっていたら、あまりにも神々しく感じられてきて、恐れ多くて買えませんでした^^;

で、妄想のおかげでお腹も減り、ぽぉ~っとしていたら、割引ワゴンをかき回す手に邪魔者扱いされる木彫り用のノミが一本。。
 すごい宣伝文句はないけれど、手堅く仕事できそうなその一本を買いました。

 冬はゆっくりと、昔ながらのアナクロなモノ創りを楽しみたいと思います。
 


 
 

テーマ : ロハス&エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

プロフィール

どんぐりぐり

Author:どんぐりぐり
 食べ物は身体と心を作るものだから、 野菜の生命が心に響くような、野菜を目指しています。

どんぐり菜園のホームページ

 自然のチカラを生かして、農薬や除草剤を使わずに、野菜を育てています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。