--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-11-25(Sun)

#60 朽ちてつながる、命

【はじめに】


・私たちの町は、例年よりも早く雪に包まれました。
 ギリギリスの私たちは、大慌てで雪囲いをおこない、そのため、皆さんのブログへお伺いしていませんでした。申し訳ございません。
遅くなりましたが、これからお伺いさせてください。

・アピオスと落花生が出来上がりました^^)
 これらのお譲り方法は下記のページでご案内中です^^)
 また、キクイモは販売中で、シモン芋とサツマイモは第2回めの販売中です。。

       「お野菜の販売方法のご案内」


・私たちのメール送受信が上手くおこなわれていない恐れがありますので、メールの送受信状態を一覧にしました。
 メールを拝見して、1日以内に書き込む予定です。

        「 メールの送受信一覧 」

・次回は、12月1日の予定です



【記事のご紹介】

①朽ちて、つながる命
 この夏、皆さまにお届したトウモロコシや枝豆たちが土に還る頃になりました。ミミズや酵母のおかげで、朽ちて、小さくなりました。雪の下でゆっくりと寝かせて、来春に漉き込みます。

《詳しくは本文をご覧下さい》

sckuchi.jpg


②新芽がワンサカっ!!
 カツオ菜の新芽がたくさん出ました。ぎゅうぎゅうに押し合うようすは、まるでおしくらまんじゅうのように、賑やかです^^)

《詳しくは本文をご覧下さい》

katsuo.jpg


③お答えします~Q。お料理も教えて下さい
 A・申し訳ありません、私たち、すごい料理は作れないのです^^;
 それぞれのお野菜の基本調理(アク抜き、茹で具合、相性、栄養成分など)はお答えできるのですが、「洋風の~」や綺麗な盛り付け方法などは出来ないのです^^;
 そんな私たち自身、料理を得意にすべく、お料理名人の皆さんのブログを拝見して学んでいます。後日、ご紹介いたします^^)


【お問い合わせ先】
ご意見をお気軽にお寄せ下さい↓ 

 donguri_yasai と @yahoo.co.jp をつなげてご利用ください^^)








【どんぐり菜園から~①朽ちて、つながる命】

 この夏、皆さんのご声援をいただきながら、いろいろな野菜たちが育ってゆきました。
その果実を育てあげた野菜のお母さんは役目を終えたあと、枯れて、そして、土へと還ります。

 私たちの畑では、実を採ったあとの野菜をお日さまで乾かし、地面に伏せ、そして酵母をかけます。そのあとは、土に住むミミズ、微生物や酵母たちにお任せ。。。時間をかけて細かく分解され、そして、朽ちてゆきます。

 sckuchi.jpg

↑これは、トウモロコシの朽ちた姿です。硬い茎、大きな根っこもミミズたちのおかげで細かくなりました。

 
 お店では、有機栽培用との名称で、さまざまな牛糞堆肥などが販売されていますが、私たちはあまり使いません。
 できるだけ自家製の堆肥を循環させるように心がけています。


gskuchi.jpg

枝豆の様子です。分厚い葉っぱも酵母たちのおかげで茶色く、朽ちました。

 自然の山々では、枯れ落ちた葉っぱや草などが地面に伏せて、時間と共に朽ちて、そして、地面へと還ってゆきます。
 私たちも、その生命の環と同じように、トウモロコシや枝豆の茎たちを畑の土へと還します。

 来春、また新たな生命が立ち上がる日まで、ゆっくりと土の中で熟してね^^)




【どんぐり菜園から~②新芽がワンサカっ!!】

 上に書いた熟成堆肥が眠るすぐ横の畝では、新芽がぎゅうぎゅう、ワンサカ、出てきました^^)
 この新芽は「かつお菜」です。ここ、新潟ではあまり知られていませんが、関西や九州ではよく栽培されているとのこと、その美味しさを楽しみたくて、今年、初めての挑戦です。

katsuo.jpg


 畝に筋をつけて、その筋に種をパラパラと蒔く、筋蒔きです。そのため、細い緑色の線のように、新芽たちがぎゅうぎゅうに並んで出てきました。
 種を蒔くとき、点蒔き、ばら蒔きなど、いろいろありますが、筋蒔きは菜っ葉などでよくおこなう方法です。一粒ずつ点蒔きすると、芽が出にくいのですが、このようにぎゅうぎゅうに蒔くと、共立ち効果で一斉に発芽します。
 ちっちゃな種が押し合い、そして、助け合いながら、出てくるようすは戯れる子どもたちのようです。
 
 この「かつお菜」は寒さに弱いらしいので、チョット心配ですが、友だち効果で元気に乗り切ってほしいです^^)




【③お答えします~Q。お料理も教えて下さい】

 A・申し訳ありません、私たち、すごい料理は作れないのです^^;
 
 私たち、あまり料理が得意で無いのです^^;
 出荷前に、「試食」と称して、素茹で、素焼きなどの「素」料理はするのですが、、「洋風の~」や綺麗な盛り付け方法などは出来ないのです^^;

 それぞれのお野菜の基本的な調理方法(アク抜き、茹で具合、相性、栄養成分など)はお答えできます。
 たとえば、サツマイモでは、、、

☆お芋のデンプンは約50~60℃の温度で酵素分解されて麦芽糖に。そのため、この温度でゆっくりと加熱すると、甘みが増します

☆蒸し器を使うと、蒸気のおかげでお芋のデンプンが食物繊維に変化し、栄養も向上します

など。。

 でも、お芋を使ったスゴイ料理は出来ないんです^^;

 (そんなことでは、野菜の魅力を惹き出せないっ!!)と、反省して、最近は料理を得意にすべく、お料理名人の皆さんのブログを拝見して学んでいます^^)

 次回から、ご紹介したいと思います^^)
スポンサーサイト

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

2007-11-19(Mon)

#59  最後の秋晴れに、野を望んで。。

【はじめに】


・本来は11月18日の予定でしたが、パソコンの不調のため、更新できませんでした。ご迷惑をおかけいたしました。

・キクイモが出来上がりました^^)
 これらのお譲り方法は下をご覧ください^^)

       「キクイモの販売方法のご案内」
 
・11月19日の朝、私たちの町に初雪が舞いました

・私たちのメール送受信が上手くおこなわれていない恐れがありますので、メールの送受信状態を一覧にしました。
メールを拝見して、1日以内に書き込む予定です。

        「 メールの送受信一覧 」

・次回は、11月25日の予定です


*** ご紹介いたします *******************

 私たちのお友だちの girfecafeさん が手作りのあったかカフェを開く予定です^^)

 お母さんたちが心をこめて、手づくりでもてなしてくださる、HAHA café (ハハカフェ)

 卵&乳製品ゼロのケーキなど、敏感な方でも安心して楽しめる1日カフェです。

 このHAHA café は大阪府箕面市で11月25日(日)11:00 ~ 16:00にオープンします。
 3連休の最終日を、あったかカフェでゆったりとお楽しみください。

 詳しくは、
麒麟カフェ HAHA café の記事 をご覧ください。
  
******************************
 

【記事のご紹介】

①久しぶりの秋晴れ^^)
 秋晴れの日、弥彦山に。静かな日本海に横たわる佐渡、稲刈りが終わった新潟平野を眺めました。
 もうすぐ、冬の荒海と雪空に覆われる新潟です。。。
《詳しくは本文をご覧下さい》

sado.jpg

②落花生、出てきました
 この夏、黄色い花を次々と咲かせて、畑を彩った落花生。
その白い実を土の中から掘り出しました。そして、もう一つ、掘り出されたものが。。。《詳しくは本文をご覧下さい》
^^;

peanut_1119.jpg


③牛蒡風味のお芋、キクイモ
 そして、背丈2。5mまで伸び、夏空に高く花咲いたキクイモも、大きなお芋をつけました。
 デコボコ顔ですが、腸内ビフィズス菌にも、お料理にも大活躍する重宝なお芋です。。。《詳しくは本文をご覧下さい》


kikuimio_1119.jpg



【お問い合わせ先】
ご意見をお気軽にお寄せ下さい↓ 

 donguri_yasai@yahoo.co.jpをつなげてご利用ください^^)





【どんぐり菜園から~①久しぶりの秋晴れ^^)】

 最近、新潟の空は雨雲に覆われて、時雨れることが多くなりました。そのため、なかなか晴れず、土を掘り返す畑仕事ができませんでし

た。しかし、金曜日からようやく晴れ、久しぶりに秋晴れのもとで仕事が進みました。
 やっぱり、お日さまに見守られての仕事は心楽しく、快調にはかどりました^^)

 そして、秋晴れに誘われて、久しぶりに山へ遊びに行きました。

 この山は新潟の海岸沿いに立つ弥彦山(やひこやま)、高さは約630mと小柄ですが、西は日本海、東は越後平野が一望できるのです。

 やわらかに照らされた穏やかな海には佐渡島が横たわり、一方の越後平野には稲刈りが終わった田んぼが静かに拡がっていました。

sado.jpg
 ↑ 佐渡の島まで穏やかな海原です


heiya.jpg
 ↑ 平野に町が点在しています


 私たちの町は下の写真の奥の山のふもとにあります。

 その越後平野を眺めれば、遠くに青々とした山脈が連なり、傍らには長野県から脈々と信濃川が流れています。

 ふだんは町並みの高さで暮らしていますが、私たちの町が空、山、そして川に抱かれていることを久しぶりに実感できました。




【どんぐり菜園から~②落花生、出てきました】

 この夏、畑で黄色の可憐な花を咲かせていた落花生を掘り取りました。
 
     《落花生の花のようす》

     《落花生のめしべが土に潜るようす》

     《落花生の赤ちゃんサヤのようす》
 
 畑にはさまざまな野菜を育てていますが、小さくも、けなげに咲く落花生は次々と花を咲かせ、土へと潜り、実を太らせました。


peanut_1119.jpg



 私たちは、落花生を4人で掘り取ります。2人は株の下へとスコップを差しこみ、傷つけないようにゆっくりと押し上げ、そして、一人が株を引き上げます。このように、そぉっとサヤを掘り上げるのですが、いくつかは土に残ってしまいます。そのため、残る一人が土の中を手で探って、サヤを拾い上げます。

 でも、その拾い上げの途中、こげ茶色の塊が。。。???。。。よぉ~く見たら、寝入ったばかりのカエルくんでした^^;

 そういえば、この落花生には羽虫がたくさんやってきました。その羽虫をやっつけたのは、カエルくんとツバメさん。
 大仕事を終えたカエルくん、ゆっくり冬眠してくださいね^^)

ps
 私たちが落花生の手入れで見回るたびに、驚いた羽虫が飛び立ちます。地上の羽虫はカエルくんが退治してくれましたが、空の羽虫はツバメさん。。見回りのたびに一緒に飛んでくれたツバメさんも、ありがとう~^^)

*** 落花生は未だ乾燥中です。12月ころにまたご案内いたします ***




【どんぐり菜園から~③牛蒡風味のお芋、キクイモ】

 夏空に高々と花開いたキクイモ、その収穫が終わりました。
キクイモは背が高くなるとはいえ、この畑では背丈2.5mくらいまで伸び上がりました。

      《まだ、小さかったころのキクイモ》

      《夏空に咲くキクイモのようす》

 その大きな姿いっぱいに葉っぱを拡げて、花を咲かせ、そして、その養分をぎゅぅーーーっと蓄えたお芋が出来ました^^)

 キクイモは形がヘンテコですが、その中には他の野菜には無い栄養成分イヌリンをたっぷりと蓄えています。


kikuimio_1119.jpg
  ↑ この写真のキクイモで合計500gです。




 キクイモに含まれているイヌリンは酵素で分解されて、腸内ビフィズス菌などの餌となるフラクトオリゴ糖になります。
 また、イヌリンは分解されても吸収されにくい果糖になるため、サツマイモやゴボウなどよりも低カロリーな野菜です。
 このように、キクイモは低カロリーで腸内細菌を元気にする素敵な効果があると云われています。


      《ウィキペディアから、キクイモの説明》

      《ウィキペディアから、イヌリンの説明》

 また、お料理でもユニークな一面が。。。
 キクイモはアクが強いので生食は難しいのですが、灰汁抜きの方法で風味が変わる面白いお芋なのです。
 酢水で灰汁抜きするとゴボウ風味のシャキシャキお芋に、塩水ではジャガイモのようなポクポクお芋になります。

 また、薄くスライスして、電子レンジやオーブンで軽く焼けば、パリッと甘いおやつに。。

 お料理によって風味が変わるお芋です^^)

*** キクイモの販売方法は下のページをご覧ください^^) ***

          「キクイモの販売方法のご案内」

テーマ : 食べ物
ジャンル : ライフ

2007-11-11(Sun)

#58 泥棒だぁっ!!&白さつま芋のご案内

【はじめに】

・今回から、さつまいものお譲り(第1回め)をはじめます^^)
 詳しくは、下のリンク先をご覧下さい

・次回は 11月18日の予定です


【今回の記事】 

①泥棒だぁっっ! ⇒ 大切な種が盗まれています!!

②金色に輝く、丹波黒豆 ⇒ 丹波黒豆が完熟を始めました^^)

③お芋販売&お芋かじり虫^^; ⇒ シモン芋、高系サツマイモのご紹介です  
  販売方法の詳細は下記のページにあるPDFファイルをご覧下さい。

          「 サツマイモ販売のご案内 」

【お問い合わせ先】 
ご意見をお気軽にお寄せ下さい^^) 
 どんぐり菜園(donguri_yasai@yahoo.co.jp)へのメール 



【どんぐり菜園から~①泥棒だぁっっ!】

 タイヘンです!!

 この前、花畑を夢見て、いろんな花の種を蒔きました。
そして、数週間たち、新芽が出始めたのですが、一部だけ、芽が出ない。。。???
 ひょっとして、害虫でもいるのだろうか?と、土を掘り返していたら、視界のすみっこを種が横切ってゆきました。

 ????
 
 あわてて、よぉーーく見てみると、、、、 

ant_1.jpg  ← アリさん、種をくわえて。。



 そっかぁ、アリさん、冬に向けて、がんばってるんだね~^^; 


 小さなアリにとっては、畑の畝は大きな山に谷続き。
自分の身長?の数倍もあるような山を登り、草を踏み越えて、種をくわえたアリさんはどこかへと消えてゆきました。


ant_2.jpg  ← どんなときも、ガッチリとくわえたまま、離しませんっ!


 
 雪が降り始めるまであとわずか、そして、雪が融けるまで、あと4ヶ月。。アリさん、がんばれっ!!

 ところで、運んでいった種はクリスマスのごちそう?それとも、お正月??

 早く食べないと、芽が出て、お花が咲いちゃうよ~




【どんぐり菜園から~②金色の輝き、いぶし銀の重み】

 先日、ご紹介した丹波黒豆が熟し始めました。 

kuromame_1.jpg ← お姫様ネットの中は秋の夕日と重なって、黄金色


 虫にかじられないようにスッポリと覆ったお姫さまネットの中を覗いてみれば、そこは金色の世界。。
枝豆のときは鮮やかな緑色、そして旨みがお豆にいっぱい詰まって熟せば金色、さらに実が落ち着くと、いぶしたような銀色になります。

 収穫まで、あと少し。。。うねが流れるくらいの大雨や葉っぱが焼けそうなほどの熱波、そして、お姫さまネットを
かいくぐってくる虫たち。。。いろんな試練を乗り越えて、ようやく実ったお豆さん、おつかれさん^^) 

kuromame_2.jpg  ← このうねで暮らしていたカマキリ母さんから、来春への贈り物





 【どんぐり菜園から~③サツマイモのご紹介&お芋かじり虫^^;】

 お芋、出来ました^^)
今回、お譲りするサツマイモは次の2種類があります。

(1)シモン芋
(2)高系サツマイモ

 でも、残念なことがあり、これまで販売すべきかどうか、悩んできました。
実は、今年のサツマイモには、かじられた痕があったのです。お芋かじり虫は誰??

お芋かじり虫は、コガネムシの幼虫なのです^^; 

 ふつうの栽培では土に殺虫剤を混ぜてから栽培するので被害にあわないのですが、私たちは土を手で探って、幼虫を取り除きました。
 でも、その甲斐なく、コガネムシがお芋をかじった痕がアチコチに。。。ところどころ、凹んだり、傷になったりして、器量が悪いのです^^;

simon_2.jpg
  ↑ シモン芋のコガネ幼虫かじり虫痕



kousweet_2.jpg
  ↑ 高系サツマイモのコガネ幼虫かじり虫痕




 そのため、サツマイモをご注文くださった方には、あらかじめお芋の写真をメールいたします。
もし、太さ、形、肌荒れなどの理由で交換したいお芋がありましたら、お申し付け下さい。
そして、お芋が確定しましたら、拝送いたします。

 また、ご注文方法やお値段(今回も定価ではありません。お客さまがお召し上がり後にお値段をつける感想価格です)などは、下記のホームページにあるPDFファイルでご説明しておりますので、ご覧下さい。

 
        「 サツマイモ販売のご案内 」

  

***** シモン芋のご紹介 *****

シモン芋は別名、白さつまとも呼ばれるほど肌が白くて、大きなお芋です。

simon_1.jpg
  ↑ わずかに薄紅色がかった白色の肌


その美しく丸々した秘密は力強い生命力。。。シモン芋は土の中に根っこを張り巡らして、たくさんの成分をかき集めて、育ちます。
そのため、シモン芋には普通のサツマイモやジャガイモよりも、たくさんのミネラルやビタミン類が含まれています。 


   芋の乾燥品100gに含まれる成分  
 

シモン芋

サツマイモ

ジャガイモ

エネルギー/kcal

337

337

357

食物繊維/g

2.5

1.9

1.6

カルシウム/mg

488

85

24

カリウム/mg

1600

1200

1200

ベータカロチン/mg

3.7

0.07

ビタミンB2/mg

0.44

0.16

0.05

ビタミンC1/mg

13

ビタミンD/mg

0.41

ビタミンE/mg

3.0

ビタミンK/mg

1.2


















simon_1.jpg
  ↑ この写真のシモン芋3本で合計2100g





しかし、このシモン芋にも短所が1つあります。
それは、甘みが薄いこと、です。
普通のサツマイモが甘くなるのは、お芋の中に酵素(β-アミラーゼ)があるから。。この酵素がお芋のデンプンを甘みに変えるため、甘くなります。
でも、シモン芋にはこの酵素がありません。そのため、シモン芋を焼き芋にしても、甘さは控えめです^^; 




しかし、甘さが控えめでクセもないので、お味噌汁、煮物やコロッケなどでほかの素材を引き立てるお芋です。
また、シモン芋に含まれる糖類は、消化吸収されにくい多糖類。 。
そのため、シモン芋を食べることで消化吸収を抑えられる、とも云われています



***** 高系サツマイモのご紹介 *****

 次に、高系サツマイモ(高系14号、コトブキ)をご紹介いたします。

 サツマイモにはいろんな品種がありますが、最も有名なものはコロッと太ったベニアズマかと思います。ベニアズマは、ホクホクした強い甘みが好評ですが、一方で日持ちしないため、風味の低下が早い短所があります。

 一方、今回育てた高系ファミリーは柔らかな甘みですが、風味の低下が遅く、手ごろな太さのサツマイモです。
 今回は、高系ファミリーから「高系14号」と「コトブキ」を取り寄せて、育てました。



 高系ファミリーは、いろんな品種がある大家族。その中でもとくに有名なのが高系14号、そして、高系の中から宮崎県が選び抜いた優秀なお芋がコトブキです。

 どちらも同じ高系ですので、今回はこの2つを組み合わせてお届けいたします。 


kousweet_1.jpg
  ↑ この写真の高系サツマイモ6本で合計1000g

テーマ : ロハス&エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

プロフィール

どんぐりぐり

Author:どんぐりぐり
 食べ物は身体と心を作るものだから、 野菜の生命が心に響くような、野菜を目指しています。

どんぐり菜園のホームページ

 自然のチカラを生かして、農薬や除草剤を使わずに、野菜を育てています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。